« 全国に波及か? | トップページ | ミツバチの失踪事件 »

2007年3月12日 (月)

AED

AED(自動体外式除細動器)が街なかに多く設置されるようになった。この機械は電気ショックが必要な心臓の状態を自動的に判断できる心臓電気ショックの器械である。
突然死の死因のほとんどが心臓疾患で、その大部分が心室細動という病気だそうで、助かるチャンスは1分経過するごとに約10%づつ失われ、10分後にはほとんどの人が死に到ると言われている。

確か1、2例新聞に載ったことを覚えているが、なかなかそんな場面に出会ったことがないので、ニーズ(と言ってはいけないが)がどのくらいあるものかと思っていた。
秋田の中高生の学校の管理下でという条件ではあるが、突然死が27年間に24人いたという記事を見て、この割合であればかなり命を助けられるのかもしれないと思った。

人工呼吸や心臓マッサージはコツが要りそうだが、この装置は音声で誘導してくれるし、電極パッドを指定の場所に張るだけなので、万が一のときは是非実践できるようにしたいものだ。 http://www.aedjapan.com/

|

« 全国に波及か? | トップページ | ミツバチの失踪事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128679/5659109

この記事へのトラックバック一覧です: AED:

« 全国に波及か? | トップページ | ミツバチの失踪事件 »