« 野反湖 | トップページ | 首相辞任 »

2008年8月27日 (水)

高齢者とペット

高齢者にとって、猫や犬などのペットは癒しもしくは生きがいになったりもする。
しかし、現実問題として高齢者のご不幸や病気によって飼い主不在となるケースがある。

東京都では2009年度から、これらのペットを預かったり、場合によっては里親探しなどを行う。ネット上では捨てられた猫の里親探しでも大変のようだが、うまく回るのだろうか?think

とにかく、不幸な猫、犬が増えないよう考えたいものだ。たとえば、様々な理由から家でペットが飼えない人に、任意の高齢者宅に時々遊びに行ってペットと顔見知りになってもらい、高齢者が入院するようなことがあれば、定期的にペットの面倒を見に行ってもらうとか。一石三鳥ぐらいの気がするが。。。

2006年 動物愛護センターの引取りと殺処分データ()内は所有者からの引取り
◆ 犬 引き取り 1698匹(385)   殺処分  557匹
◆ 猫 引き取り 5974匹(1103) ※殺処分 6348匹weep
                        ※ 年度間調整により殺処分が多いとのこと

|

« 野反湖 | トップページ | 首相辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128679/23293002

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者とペット:

« 野反湖 | トップページ | 首相辞任 »