« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

臨時報告

ウヒョー いぃじぃごーいんぐ殿
 ペコポン侵略にもっと協力するであります
 記事が少ないでケロ

わかったよ ボケがえる~(笑)

というわけで

① 切手はいかがでしょうか ペコポン侵略計画にご協力を
Ca330331

② 5/30山中湖マラソンでペコポン侵略を訴える ケロロ小隊長
  (ちょっとかわいい軍曹ですね ご協力ありがとうございます)
Grp_0000_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

デジタルとアナログの狭間で

 どこのご家庭でも子供の成長記録を残すため写真やビデオを撮っていることでしょう。
 わが家でも撮りためてきましたが、同じビデオでも当初はVideo8という媒体、後半はDV_MINIでした。さすがにVHS-Sとかβではありません(笑)
 さて、デジタルとは困ったもので古くなるとちょっと見れるということはなく、見れるか見れないかとなることが多いようです。
 私はまずVideo8のカメラが動かなくなり再生もできなくなったため、ネットのオークションで再生機を手に入れDVD録画しました。
Img_3483
 暇を見てのろのろDVD録画をやっていましたが、今度はDV_MINIのカメラも動かないことが発覚しました。修理に出すも、メーカからの回答は部品がなく修理不可とのこと。今度はメディア変換サービスを利用しDVDにしました。1本600円でできたので大変助かりました。(ちなみに業者さんはこちらとても迅速で連絡などもしっかりしていました。検討されている方にはお勧めです。)
Img_3512
 フィルムであれば、写真も動画も結構個人でなんとか保存再生できたようですが、デジタルは難しいですね。DVDの耐用年数も最短で15年ぐらいから心もとない数字です。ちなみにDVD-RWのほうが耐久性は高いようで、45年ぐらいからとでていました。(出典:日経PC)これらの年数は推定の域を出ないようですが。。。一番耐用年数の長い記録媒体は石だといわれています(笑)確かに紙や石は古いものが現代に残っていますものね。
 デジタルデータは媒体を替えて、永遠にコピーを繰り返しながら残していくしかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

東伏見

子供のころから近くに住んでいたがいったことがないところのひとつ。。東伏見

 関東にも京都の伏見稲荷大神をおまつりしようと、本社にお願いして東京の守り神として、昭和4年に ここに来ていただいたそうですが、規模は比較にならないほどこぢんまりしています。
Ca330311

 東伏見という地名は、神社ができてからついた地名で、それにあわせて西武新宿線の駅名も上保谷から東伏見に変わったそうです。今は保谷の名前がなくなり、田無市と合併して西東京市という面白くない名前に変わってしまいました。西じゃなくほぼ真ん中だしcoldsweats01
Ca330302

 神社といえば朱の色、地味な日本の風景の中ではひときわ異様に感じるのですが、朱の原材料(=丹というらしい)は水銀が含まれ防腐剤の役割もしているそうです。


 そしてお稲荷さんといえばキツネ、ごんぎつね以外のお話ではあまりいい役で出てこないようですが、農家の鶏などを狙うせいですかねdespair
 ただ、野山にいるキツネとは違って神様のお使いとして目に見えない存在だとか。。。意味がいまいちわかりませんけど。。。悪者とは一線を画してるってことcoldsweats02 ちょっと怖そうな顔していますけどね

Ca330304

 もう一つ目を引くのは「お塚」と呼ばれるものだと思うのですが、信奉者がおまつりし奉納するもののようです。京都に比べると狭い境内ですが、多くのお塚と鳥居が奉納されていました。この赤い色もちょっとぞっとしてしまうのは私だけでしょうかcoldsweats01
Ca330300

Ca330303

Ca330301_2
西武新宿線「西武柳沢駅」または「東伏見駅」から 徒歩7分
※今回の画像は携帯なので荒くてすみません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

携帯サブレー

行きつけのBlogで紹介されていた携帯サブレー
Ca330363_2

母親が住む横須賀市の丘陵地にある、研究所群YRP(横須賀リサーチパーク)が、携帯電話の発祥の地ということで商品化したらしいです。
介護で母宅を訪れた際購入してみました。
Ca330372

これを作成した「大そね」の店舗(横須賀市の一騎塚というところにある)で購入しましたが、他(高速のSAとか)ではいまのところお目にかかったことはありません。
研究所や最寄り駅の京急「YRP野比」あたりでは売っているのだろうかcoldsweats01
Ca330373_2
このサブレー パッケージはかなり初期の携帯をイメージしたものなのでしょうか?
しかし、このパッケージを取ってしまうと鬼太郎に出てくる「ぬりかべ」のようなサブレーに今にも消えそうなYRPの文字が浮かんでいるだけのものです。coldsweats02
これでいいのか 逆にいいのか? B級感をくすぐられる~happy02

さらに驚きの事実
全国菓子博覧会で外務大臣賞を受けている。
ま、おいしいのですが。農林水産大臣賞でない(あたりまえか)ところがまた、B級感をくすぐられる~happy02
Ca330360

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月 4日 (火)

西荻散歩7

⑤幸せ地蔵 > 自分がしあわせだと思えるようになれるお地蔵さま 
 南口商店街の郵便局の前
 お地蔵さまの前にバイクが放置 罰があたりますよpout
 写真撮りづらいよぉ
Cimg4955_2

Cimg4956

⑥夢見地蔵 > 自分の夢の実現を願うお地蔵さま
 中央線を吉祥寺方向にガード下沿いに進んだところ
 西向きで夕日を浴びた姿が良いそうです
 写真も結構日が西に傾いた頃です

Cimg4818

Cimg4817

shadowもともと西荻の地蔵坂にあったお地蔵さまと馬頭観世音は
 昭和50年ごろのマンション建設により
 今川の観泉寺の門前に移動し安置されました
Cimg4775

Cimg4776

六童子と六地蔵の案内図は下記のとおりです(クリックで拡大)
6dousijizou

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

西荻散歩6

③縁結び地蔵 > 定番赤い帽子とよだれかけ
 荻窪駅南口を少々南下 神明通りを東へ
 安置されている和泉屋酒店のご夫婦は評判のおしどり夫婦ということだそうで。。。wink
Cimg4943

Cimg4945

④釘抜き地蔵 > 心身の苦しみを釘を抜くように取り去るお地蔵さま
 西荻窪駅南に延びる商店街を抜けた五日市街道沿い
 背中にはリアル釘抜きを背負う
Cimg4953

Cimg4952

spa商店街近くにある天狗湯
 湯船の上でなく 店先の壁にペンキ絵があります
Cimg4946_2

Cimg4949

私的には なつかしいcoldsweats01
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

西荻散歩5

六地蔵が西荻窪の街のあちこちにいます
 2009年3月末頃安置されたらしいのですが
 ネット上には情報があまり見当たりませんhappy02

①子育て地蔵 > 青いバンダナがクール
 東京女子大学へ向かう商店街
 そば処田中屋さんの入り口にあるお地蔵さ ま
Cimg4800

Cimg4799

②延命地蔵 > 赤い帽子がかわいい
 西荻窪駅北口から青梅街道方向へ
 善福寺川に架かる関根橋付近に安置されています
 東京都民互助会前って 冠婚葬祭のお店? 延命と関係あるcoldsweats01
Cimg4810

Cimg4811

noteちょっと ブレイク
 西荻のスイーツといえば 老舗「こけし屋」です
 昔から中央線沿線の多くの文化人が
 ここのフランス料理を食したり ケーキを買い求めたりしています
 ケーキはリーズナブルでおいしいです
 ここの人気商品ラム酒にたっぷり使っているサバラン(右端)は
 我が家のお気に入りでもあります 
 今回はこどもの日が近いので鯉のぼりケーキも購入しました
 包み紙は鈴木信太郎画伯の手によるものです
Cimg4959
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »