« 佐渡散歩 2 | トップページ | 佐渡散歩 4 »

2010年8月18日 (水)

佐渡散歩 3

次に訪れた妙宣寺はあまり寺らしくない寺で
 もともと城址であったこと、日蓮聖人の弟子阿仏房日得(日蓮が佐渡に流されていた時に身の回りの世話をしたという人物)が鎌倉時代後期に自宅を寺として開基した、という歴史に由来するようです
現在もその名残なのか独特の雰囲気で気に入りました
Cimg5870

広い庭のスペースに面した本堂や宝物殿など
(クリックで少し大きくなります)
Cimg5888

本堂のこの像は日蓮上人でしょうか。。。
Cimg5877

庫裡も大きい建物で
Cimg5889

大黒柱
Cimg5884

それにつづく梁や天井も深い!
Cimg5883

五重塔は、江戸時代後期に日光東照宮の五重塔を参考に建てられました。相川町の大工の棟梁が親子2代、30年がかりで完成させたもので、国の重要文化財です。
Cimg5865_2

つづく

|

« 佐渡散歩 2 | トップページ | 佐渡散歩 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128679/36218022

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡散歩 3:

« 佐渡散歩 2 | トップページ | 佐渡散歩 4 »