« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月27日 (水)

MARLOWE

6月30日の秘密のケンミンSHOW を見ていたら
 ケンミン秘密のエコ容器
 マーロウのプリン容器 神奈川県三浦半島
とある お店は「秋谷」と聞いて
 これは行かなくっちゃlovely  というわけで
 亡母の家からほど近い 秋谷の立石へ
danger 各画像はクリックで拡大ポップアップします
Ca330072
この辺りでは有名な景勝地 広重も描いているとか
プリンで有名なこのお店は
 東京から母宅へ向かうときは通らないし
 スウィーツにとくに目がないわけでもなく ノーチェックでしたcoldsweats02
Ca330078
この日も絶景 富士山が見えています
お店も「湘南」って感じでしょうか yacht
Ca330076_4

欲張っていろいろ 買いました
前が ベイクドマンゴーチーズプリン エスプレッソプリン(ご近所ピーターさんお勧め)
中  ビーカー入り紅白ドラジェ 
後が 北海道フレッシュクリームプリン(人気No1) カスタードプリン
Ca330079_3

エコといわれた PYREX製のビーカー
ベイシックデザインと2011年イヤービーカー?
(見づらくてすみません)
引き取ってもくれますが 各家で計量カップ コップとして活躍していそう
常連さんは箱に戻してまた買いにくるようです
Ca330080_3

ちょっと高い(\630~\1000)かもしれませんが
 200ccのジャンボサイズなのでまぁまぁかと
Img_6527_3

どれも濃厚で美味しかったのですが
 我家の人気No1は ベイクドマンゴーチーズプリン heart04
あえて ビーカーから出さず
 マンゴーとプリンとカラメルを微妙に混ぜながら食べると
 ひときわ美味しかったです

そしてもう一つ 小麦粉を一切使わずアーモンド粉で焼いたパウンドケーキが
 ボリュームの割に重くならず絶品 うちはラムミックスケーキを購入
妻もかなりパウンドケーキを作ってきましたが ベタほめでした

まっ うちのような輩のせいで 通販は予約殺到で中止になっていましたcoldsweats01
そのうち再開したら是非お試しください お店なら買えると思います(4店舗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

南相馬市から 5

初日 短い時間で被災地を回り 写真を撮らせてもらいました
 個人のお宅や船などの被害状況も写していて
 申し訳ないなと思うところもあるのですが
 見て感じたことを記録させていただきました

被害のあった家
 1階部分中が流されています
Cimg7971
重たい車も なすがままだったのでしょう
 運転者の安否が心配です
Cimg7980

火力発電所近くの歩道橋は流されてしまいました
Cimg7967
などなど 今回の地震と津波の驚異を知らされるものとして
 記憶し伝えていけたらと思います

そして 原子力発電所の脅威
 自分の家に帰れず 不自由を余儀なくされています
Cimg7985
常磐線 原ノ町駅
 駅のホームの列車はあれ以来止まったままです
Cimg7992

南相馬市の一大イベント 野馬追い
 今年は縮小開催となりました
 来年は盛大に開かれるとよいですね ↓会場
Cimg7990

今後も末長く
 南相馬市とは協力関係を続けさせていただきたいです
そして
 遊びに行ける日を楽しみにしています

今回仕事でお世話になった福島県職員 市職員
 長期滞在組のみなさん
ボラでお世話になった 原町地区社会福祉協議会
 一緒にボラをしたみなさん

ありがとうございました happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

南相馬市から 4

海岸近く 防波堤は見当たりません
地元のお年寄りによれば
 この(今回被害を受けた)辺りは
 昔 海だった という話です
そうだとすれば
 もともとそういう地形だということなのでしょうか
Cimg7943

テトラポットは もちろん海岸にあったもので
 こちら側に運ばれたということです
Cimg7953

アスファルトも剥がれ 流されたそうです
 写真の水は大雨によるものです
Cimg7946

しかし ガレキは道沿いに集められていて
 運搬を待っています
Cimg7945

遠くから見るとガレキの山も
Cimg7956

近くで見ると 木材
Cimg7975
金属 などに分かれています
Cimg7977
最終処分に向けて
 準備が整いつつあるのではないでしょうか

破壊された送電線に代わり新しい送電線がひかれ
 火力発電所の煙突にある 点滅の明かりが最近戻ったそうです

まだまだだけど 少しずつ
 マイナスからゼロへ そしてプラスへ
 時が 人が歩んでいます

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

南相馬市から 3

南相馬市に火力発電所があり 被害を受けていたことを
こちらに来て初めて知りました
(画像はクリックで拡大します)
Cimg7961

タンクが破壊され油の流出による汚染 火災があったそうです
Cimg7965
クレーンも破壊されています
Cimg7960
座礁した船もまだそのままです
Cimg7962
このあたりは 公園やオートキャンプ場がありましたが
今は何もありません
Cimg7969
小高い見晴らし台への道
 赤い線のところまで津波の来た跡がわかります
Cimg7968

私たちが得る情報は マスコミからによるものが多いので
 知らされる情報は限られます
大きな事件があると 小さな事件の報道がないし
 今日は受け手側にアピールする話題がないというときは
どうでもよいようなニュースが伝えられたりもします
ニュースの時間は毎日同じ長さだし
 新聞のページの枚数も毎日同じ だからでしょうか

自分でニュースが選べるネットは
 自分の興味ある方向ばかり見てしまう傾向がありますね
情報があふれて 溺れているのかな(笑)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

南相馬市から 2

津波の被害については
 語るまでもなくニュースで ネットで
 世界中が見た 光景です

何気なく見える交差点
Cimg7932
拡大して見ると(クリックで大きくなります)
 赤い矢印はすべて船です
Cimg7932_2_3

Cimg7932_3

1階が壊れた家
Cimg7939

基礎だけになってしまった家
Cimg7940

方向からすると この電柱は
 引き波ではなく 押し寄せたときに倒れたようです
Cimg7950

足をすくわれるように倒れた 送電線の鉄塔
Cimg7972

自分の町や馴染んだ風景が 変わってしまうことはショックでしょう
都市部にいると自然の力を感じなくなりますが。。。
自然への畏れを抱いておくことが必要なのでしょう

「自然とどこで折り合いを付けるか」という
 前述ペシャワール会の中村哲氏の言葉を思い出さずにはいられません

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

南相馬市から 1

7月5日から12日まで 南相馬市にお手伝いに来ています
微力ながらお役に立てればと思います confident

もう少し早く書きたかったのですが
ネットの状態が悪くつながらないことが多かったのと
もちろんお仕事優先ですのでご容赦ください

現地に長期滞在が3名 短期が4名で交代制
常磐線が止まっている というか原発があり通れないため
南相馬市へ入るには東京から車で5~6時間掛かります
我々は福島まで新幹線 車で1時間少々で山を越えて行きます

東京駅で。。復興の希望 はやぶさ
Cimg7920

メッセージも。。。
 我々が乗ったのは やまびこ ですcoldsweats01
Cimg7921

車窓は福島に近づくにつれ、屋根に掛かるブルーシートが増えていくように感じました

福島到着 南相馬市に比べて線量が高いそうです
店などは普通に開いていますが 人通りは少ないのではないでしょうか
前のチームと引継ぎを行い 車で南相馬市へ

現地は目に見えない放射能以外
のどかな地方都市の風景でした
いまだに
 流されてきた船やなにかのタンクなどそこここにありますが
Cimg7961_2

長期組の方からは草が生えて景色が変わったとの事
たくましい野の草が生え
津波後の大地がむき出しになった状況から
ちょっと見たところ草原のようになったということでしょう
Cimg7937

Cimg7933

しかし 原発問題もこの草の下の状況も変わっていない気がします
この水は5日早朝にあった豪雨によるためです
通常であれば緑の田んぼが広がっていたのでしょう
Cimg7938

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »