« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

愛媛・尾道の旅 5

さて 2日目は今回の旅行で
 最初に目を付けた 別子銅山
 東洋のマチュピチュ と書かれてあり
 期待が膨らんじゃいました
(画像はクリックで拡大します)

別子銅山って ご存知でしょうか
 私は全く知らなかったのですが
 日本三大銅山のひとつで 元禄4年(1691年)に開抗され
 昭和48年に閉山となるまで 283年間掘り続けられ
 世界一の産銅量を誇ったそうです

テーマパークのような マイントピア別子端出場ゾーンは
 昭和5年から閉山までの採鉱本部跡に建設されています
 このような山の中です
Cimg8771
温泉施設もあり賑わっていましたが
 我々は鉱山の歴史などが学べるエリアへ
 最初はもちろん手掘り
Cimg8772
坑道に湧く水は 人力で
手押しポンプを何重にも連ね外に出したそうです
↓ 体験できますsweat01 coldsweats01
Cimg8777
時代が変わってからの遺物
 トロッコ列車
Cimg8766
通信機器かな
Cimg8774
消防車は 懐かしい ミゼット?
 鉱山により 一つの街が築かれました
Cimg8785
水力発電所 明治45年完成
 当時東洋一の落差(596m)を利用した発電所
Cimg8786

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

愛媛・尾道の旅 4

大洲の街の素晴らしさに
 少し長居してしまいました
(画像はクリックで拡大します)
1日目もう一つの目的地は内子
公開時間ぎりぎりで 内子座へ
Cimg8729
大正5年に建てられた歌舞伎のための劇場です
住民の方々の出資で造られたそうです
Cimg8723

時代の変遷もあり映画館などとして使われ
老朽化から取り壊しの計画が出たそうです
そこでまた住民が立ち上がり昭和60年に
再興されました
Cimg8718
舞台を占有!
Cimg8715
舞台の下(奈落)も見学自由
Cimg8709
金刀比羅の金丸座より少し小さい劇場ですが
きれいに整備されていました
今後もずっと保存して欲しいですね
さて 時間も迫りあとは駆け足での散策となりました

内子の町並みの特徴は
 浅黄色と白漆喰で塗りごめられた重厚な外壁
 棟を街路と平行に通す平入造り
Cimg8732

寄りたかった 和ろうそくの店大森和蝋燭屋
Cimg8733

母の一周忌用に大きめの蝋燭を2本買い求めました
ロウが垂れず安定した炎です
ひとつひとつ手作りで
日本の物づくりの細やかさに感激するひと品です

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

愛媛・尾道の旅 3

臥龍山荘は肱川の景勝地「臥龍淵」に臨む
 三千坪の山荘
明治の家並みと呼ばれる
 細い路地を上がった先です
(画像はクリックで拡大します)
Cimg8675
臥龍院・不老庵・知止庵の名建築と素晴らしい庭園が
 我々を迎えてくれます
入口付近 緑の豊かさが心を落ち着かせます
Cimg8678

自然と一体となっています
Cimg8698

臥龍院の内部は撮影不可
 熱心なガイドさんが解説してくれます
 この写真もガイドさん この角度なら撮影ギリOK
Cimg8679_2
石臼を配した 飛び石
Cimg8696

Cimg8687

画像ではわかりませんが
 川に張り出した茶室 不老庵 こちらで一服いただきました
Cimg8693

清々とした佇まい
 造られたものではありますが
 自然の美しさと人間の知恵が一体となっていて
 素晴らしいの一言に尽きます

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

愛媛・尾道の旅 2

大洲城から街中へ
(画像はクリックで拡大します)

おおず赤煉瓦館は
 明治34年に大洲商業銀行の本店として建築された建物だそうです
Cimg8658
煉瓦独特のレトロ感が ロマンティック
Cimg8661
刻印のある煉瓦 手の跡がある煉瓦を
 見つけ出すという 課題が。。。
レトロなガソリンタンクと車
Cimg8662
この煉瓦館の裏手に
 ポコペン横丁という 昭和なエリアが造られています
Cimg8665
レトロな道具類 ヒーロー おもちゃ 懐かしいものばかり
Cimg8671

Cimg8672

Cimg8673

再現された電柱や金属製の看板類など
 結構残っているものですね

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

愛媛・尾道の旅 1

大変遅くなりました
やっと記事に m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

今年の家族旅行は道後温泉・尾道
あまりこの辺りの土地を知らないので少々リサーチ
まずは大洲へ
(画像はクリックで拡大します)
最初にシンボルでもある大洲城
Cimg8622_2

鎌倉時代に最初築城され 様々な変遷を経て
天守閣は明治時代に解体されるものの
明治時代だからこそあった貴重な写真や
棟梁の家に残っていた木組みの模型により
ほぼ忠実に再現され平成14年に竣工したそうです
周りの四つの櫓は江戸時代に再建されて
昭和四十年代に解体修理 国の重要文化財です
Cimg8631_2
天守閣の階段 急です!
Cimg8640_2
ちょんまげ注意 coldsweats01
Cimg8642_2
攻められたとき石を落とすところ
Cimg8649_2
日本建築の木組み技術 絶えないで欲しいですね
伝統技術を受け継ぎながらの施工で
地元の方の愛情がいっぱい詰まったお城だと感じました
Cimg8643_2
お城付近の古い家並み
 和みますね~ 良い街です
Cimg8617_2

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »