« 愛媛・尾道の旅 5 | トップページ | 愛媛・尾道の旅 7 »

2011年12月 3日 (土)

愛媛・尾道の旅 6

東洋のマチュピチュと言われている
 証拠の品(笑) おみやげの包装紙
Cimg9194
訪れたとき ちょうどこの絵のように
 霧というか霧雨模様
(画像はクリックで拡大します)
Cimg8790
テーマパークのマイントピア別子から
 山道を車で登ること30分 標高750m
 東平(とうなる)という地名です
  ↓ 索道(↑停車場)跡
Cimg8791
昭和30~40年採掘最盛期の採鉱本部があり
 学校 住居を含む町があったところだそうです
 ↓ 変電所跡
Cimg8795
 ↓ 第三通洞跡
Cimg8797
 ↓ 内部
Cimg8799_2
霧が晴れて はっきり見えました
Cimg8812
産業遺産というと 少し物悲しい気がしますが
 ここを見ると
 この山奥によくこれだけのものを造ったと感心させられます
 山頂近くから地下まで 2000m掘り
 地熱の上昇により採掘を断念し閉山になったそうです

つづく

|

« 愛媛・尾道の旅 5 | トップページ | 愛媛・尾道の旅 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128679/43237787

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛・尾道の旅 6:

« 愛媛・尾道の旅 5 | トップページ | 愛媛・尾道の旅 7 »