« がんばろう福島<南相馬・小高区> | トップページ | がんばろう岩手<宮古市> »

2012年8月18日 (土)

がんばろう岩手<山田町・大槌町>

私が昨年7月支援に行かせていただいた南相馬に続き
 妻が昨年末及び今年2月に視察及び支援に伺った岩手県を訪ねました
 雪景色とは一転 緑が大地を埋めていますが
 本当は人家や人の営みがあった場所に雑草が生い茂るという
 悲しい緑色が多く存在しています despair

盛岡でレンタカーを借り 2時間ほどかけて宮古市
 さらに南下して妻が2週間ほど支援に伺った山田町を最初に訪れました think
Cimg0209
街の奥に位置する(右の白い建物)役所は難を逃れました
Cimg0206
役所のロビーにはサッカーチームや学生、子供、
一般の方々からの励ましの言葉が今もいっぱい貼ってありました happy01
Cimg0207
日本全国だけでなく外国からのお手紙も所狭しと貼りだされ
 山田町の人々を励ましています lovely
Cimg0208
復興計画によるものなのか 新しい家はほとんど建っておらず
 昔ながらの土蔵が残っているのが目立ちます
Cimg0210
しかしながら
 商店や床屋さん居酒屋さんなどが一緒に入ったプレハブが少しずつ建ち
 人々の生活を支えています
Cimg0213
壊れた堤防はまだ復旧できていませんが
 堤防があったころ見えなかった海が見え
 いけすか養殖のものと思われる筏が
 進み始めた復興を見せています happy01
妻が御世話になった?居酒屋さんにごあいさつに寄ったり
 山田町で災害後 すぐに再開したしまむらにも寄りましたよぉ
 シマラーなので happy02

さらに南下し、大槌町に入りました
 ご存じのとおり役所の庁舎(下)だけでなく
 町長さんや幹部をはじめ多くの職員が津波に流されたところです coldsweats02
Dsc_1005
そのことが山田町との大きな違いで
 復旧が遅れる原因となりました
Dsc_1004
時が止まったままのよう。。。。不気味な静けささえ感じます
Cimg0214
オブジェのように取り残された 消防車だったと思われる塊り
Cimg0216
写真の奥は山裾に広がる墓地で
 多くの墓石が倒壊したまま横たわっていました
 供養する方々も犠牲になってそのままの状態なのかと思うと悲しくなります weep

|

« がんばろう福島<南相馬・小高区> | トップページ | がんばろう岩手<宮古市> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128679/46747447

この記事へのトラックバック一覧です: がんばろう岩手<山田町・大槌町>:

« がんばろう福島<南相馬・小高区> | トップページ | がんばろう岩手<宮古市> »