« Perfume 10周年に向けて | トップページ | がんばろう岩手2015夏_2 »

2015年8月16日 (日)

がんばろう岩手2015夏_1

2011年3月11日。。。
 その後微力ながら 私は南相馬市
 そして 妻は山田町へ お手伝いに行かせてもらいましたcoldsweats02

その後が気になり 2012年からは毎年夏に訪れてきました
被害の大きかった海岸線を4年間駆け足でなんとか廻ってきました

やはり多くは街が消え 人が消え どんな景色でよみがえるのだろうと心配な部分
そして残った人と 何とか前の面影をとどめた街がくらしを続けている強さ
いろいろな現実や思いが交錯した今がありましたthink

でも直接言葉を交わした人たちは年々徐々に未来へ向かって進んでいるとも感じましたhappy02

bullettrain今年は東京から北上へ
 これまでと同様新幹線の駅でレンタカーに乗り換え
 海岸へ向け東へ進みます
駅前ではちょうどイベントがあり 鹿踊りを見ることができました
danger各写真はクリックで大きくなります
Cimg0731
時間の関係で遠野市で昼食
かっぱ釣り?体験 竿の先にはきゅうりsign01
Cimg0736
釜石では鉄の博物館と釜石大観音へ
街中は目立つ被災跡はさすがにもうないですが
周辺部の道路整備は始まったばかりという感じでした
Dsc_0400
観音様の立つ岬の周辺はご利益と言うべきか被害が少ないようでした
ただ人影は少なく参道の商店街はほとんどが廃業しているようでした
お魚を抱いた観音様 胎内を登っていくと魚の上の部分に出ました
景色は最高ですlovely

今回 宿が大船渡の1か所なので先を急ぎます
南リアス線と交差並行しながら進んでいきます

三陸駅近くの大王杉。。。目標の神社が見つからない
更地になった三陸駅付近からちょっと見上げると
観光案内にあった大王杉と似ているシルエットの木を発見
近づくも入り口なし?意を決してけもの道のような道を登ると参道の階段がありました
やっと近づくと人影 ここに来た方々と遭遇
立ち入り禁止とありましたが 先客のリーダとおぼしき方が
入って大丈夫ですよと言われたので。。。。
Cimg0774_2
いやぁ でかいsign01 樹齢7000年とか
津波もいっぱい見てきたのかな
神社からの風景は 今はこんな感じです ほとんど人影がありません
Dsc_0407_2
宿は三陸海岸 やすらぎの宿 廣洋館 です
みなさんやさしくて 魚介料理がおいしかったです
 ホヤを初めておいしく頂いた気がします

(つづく)

|

« Perfume 10周年に向けて | トップページ | がんばろう岩手2015夏_2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128679/61197119

この記事へのトラックバック一覧です: がんばろう岩手2015夏_1:

« Perfume 10周年に向けて | トップページ | がんばろう岩手2015夏_2 »