« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

高野山と伊勢路 2016_3

名古屋発の高野山ツアーに参加
東京発のツアーに気に入った物がなかったのでこちらをチョイス
 近鉄 南海を乗り継ぎ高野山へ
途中橋本から 専用列車の「天空」に乗車しました
 展望デッキや窓に対面型の席配置が特徴です

dangerクリックで各画像が拡大します
Dsc_1505
別の路線にこんな列車も
Dsc_1508
終点の極楽橋からはケーブルカー
 見たことのないほどの急こう配sweat01
Cimg1800
高野山駅の2階からの眺めが素晴らしいそうですが
 すぐに移動だったので見られませんでした
 ちなみに高野山は標高800~900mの高地です
Cimg1805
ここから南海りんかんバスの専用道路を通って高野山の中心街へ
 途中に鹿が座ってこちらを見ていましたcoldsweats02

初めのお寺は
金剛三昧院(北条政子が頼朝菩提のため創建)
Cimg1816

Cimg1815

Cimg1817_2
この多宝塔は国宝です
色鮮やかな根本大塔と対照的なシックで味わい深い建物ですね
Cimg1818

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

Team Perfume

オリンピック閉会式の日本のパフォーマンスは
 Team Parfume だったのでうれしかったですね
2020開会式にPerfume 狙ってるんですけどねぇ
 私にはなんの力もありませんが(笑)coldsweats01
danger音量にご注意ください

Team Perfumeの面々
クリエーティブディレクター:菅野 薫
総合演出・演舞振付:MIKIKO
チーフテクニカルディレクター:真鍋 大度(ライゾマティクス)
楽曲:中田 ヤスタカ

こちらも注目 Pentatonix
アカペラ ヒューマンビートボックス を駆使した音楽なのですが
ちゃんと日本語の発音も研究して作成したとのこと 素晴らしい!

Pentatonixも素晴らしいんだけど

Perfumeは普段は声にエフェクトかけたりしていますが
良い曲が多いので本人たちのアコースティックバージョンアルバム出してくれないかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

高野山と伊勢路 2016_2

外宮ではせんぐう館という式年遷宮の様子や正宮の一部を再現した展示があり
 TVでも紹介された隙間を確認(積年の重みで沈んだり地震の揺れに配慮した仕組み)
 工芸技術等の伝承のため20年に一回行われるというシステムは日本らしく伝統を重んじているなと感心させられました

歩いて行ける駅がないのでバスを15分ほど乗り内宮へ
  宇治橋を渡り 画像は流木よけ(これもTVで知りましたcoldsweats01

dangerクリックで各画像が拡大します
Cimg1766
五十鈴川の御手洗場でカニ発見 淡水にしては大きい?
 投げ入れられた1円玉と比較してみてください
Cimg1773
内宮は立派な杉の大木などがあるものの社は撮りにくい
 3度目ということもあり参拝を早々に済ませ 飲食店が並ぶおはらい通りへ
Cimg1778
赤福など名店が並ぶ中 ファミマ
Cimg1779
最近は景観重視の観光地やこじゃれた都会のモールの中などでトーンを抑えた仕様が多く見受けられるようになりましたね ゴディバだとそのままか(笑)
意外と落ち着くのが通りから五十鈴川に抜けた川沿いの道
ノスタルジックな感じ
Cimg1782
弾丸旅行なため 近鉄で名古屋に戻ります
このサロンカーは予約時に空いていれば予約でき金額も変わりません
ふかふかで気持ち良いです カップルなら通路挟んで二人席があります
Cimg1787

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

高野山と伊勢路 2016_1

夏の旅行は震災翌年から東北沿岸を回ってきましたがとりあえず完走ということで
今年は 高野山と伊勢路となりました

伊勢は最近TVでも多く取り上げられていますね
 私は何度か訪れていますが 伊勢神宮は内宮のみでしたので
 今回は順序どおり まず二見が浦 禊!
 右にある藁の輪は禊用のしめ縄で身体の悪いところにあてたり汚れを祓い中央に置くというお作法です

dangerクリックで各画像が拡大します

Cimg1749
三重県で2番目の参拝客がある神社だそうですが
 観光客は少なかったです
そのせいもあり しっとりとした落ち着いた街並みが素敵でした
古い家屋がそこここに
Cimg1760
皇族など要人の宿泊所として使われた
 国指定重要文化財(2010)に指定されている賓日館
Cimg1753

伊勢駅に戻り外宮へ
 駅に近いせいか内宮と違い街に溶け込んでいる気がしました
 内部の様子も内宮よりは窺える感じです
 手前は次回遷宮するための場所
Dsc_1499
境内に複数ある神社も身近な感じ
Dsc_1502
入り口付近にあった古木
 大切に管理されていましたconfident
Dsc_1504
いつもながらの急ぎ旅です 二見が浦も少しゆっくりしたかったのですが
電車が1時間に2本なので次の電車に間に合うよう駆け足でした

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »