« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月28日 (土)

南相馬市体験ツアー3

3月に役所広司さん主演の二夜連続ドラマで
絆~走れ奇跡の子馬 が放映されました
フィクションですが放射能汚染や復興に対する住民感情はよく表現されていると思います

雨の車窓なので見にくいですが汚染土壌の仮置き場です
市内いたるところで見かけます
Dsc_2910

現在中間貯蔵施設の運用開始に向けて進んでいるところですが全体量が多いので線量を確認しながら減らす努力をしているそうです

相馬野馬追が行われる雲雀ヶ原祭場で秋季競馬を見学
Dsc_2923

若者たちが騎手で参加しています
Dsc_2925

パカラッ パカラッ という独特の力強いひずめの音が逞しく感じます
Dsc_2926

場内の屋台で買い物をすると渡されるアトランダムに番号が書いてあるものが馬券で何かしらのものが貰えるそうですhappy02

小高区の史跡 (日本三大)磨崖仏がある大悲山へ
Dsc_2935
風化等を防ぐためお堂が建てられガラス張りになっています
Dsc_2937
平安時代前期に制作されたと推測されています
顔がないのは
廃仏毀釈によるものではと考えられています

このお堂の前には大きな杉の木(大悲山の大杉)があります
Dsc_2941
高さ45m 樹齢千年と推定されていますcoldsweats02

ツアーの最後 ガーデンハックルベリーと野菜の収穫体験をしました
Dsc_2949
ブルーベリーより大きいのですが全く種類は違うそうです
ジャムにするのですがアントシアニンがブルーベリーより数倍豊富で目にいいそうですよ

最後の最後温泉「はらまちユッサ」に行きました ここは発災4か月後に滞在中一度訪れたのですが山側にあったため線量が高いポイントが近いということで一時閉鎖になる前日でした 今は多くの人で賑わっています

泊まった民宿の方をはじめ様々な復興活動をされている方のお話を聞き
改めて被害の大きさを認識したと同時に 苦難を乗り越えて前に進む方々の力強さを感じました

初日夜にはお忙しい中桜井市長がおいでになり杉並区の応援に感謝の言葉をいただきました

今後も南相馬市 東北を応援していこうと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

南相馬市体験ツアー2

市の消防署に併設された 防災センター
津波の高さは9m程を表していますが観測機器が壊れたので
記録があった中での最高でありもっと高かったと推測しているそうです
danger各画像は画像上でクリックすると拡大します

Dsc_2921
自治体としての対応、原発の事故の推移、救助活動の様子など
時間を追って記録が整理されていて 緊迫感があります
Dsc_2922

陸前高田の奇跡の一本松と同じように頑張った 鹿島の一本松
そして同じように枯れてしまい現在はサイボーグです
でもカラスの巣のようなものが見えます
Dsc_2914
堤防が続き海へは簡単に行けないようになってしまいました 様子も伺えません
Dsc_2916
火力発電所の近くも若干堤防をあげました
Dsc_2917
被災後に訪れた時の写真が下です上の写真の中央部のタンクとクレーンが破壊されているのがわかります 手前には無数のがれきが見えます
Cimg7966

小高地区の津波被害の場所です 坂の下には道路の両側に広がるように住宅が並んでいたのですがあっという間に飲み込まれてしまいました
Dsc_2930
現状
Dsc_2928
南相馬市全体で5300世帯以上の家屋、農地の2/3が津波で破壊されてしまいました

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

南相馬市体験ツアー1

南相馬市は 福島第一原発から北へ
 双葉町 浪江町 を経たところにあります

平成18年1月1日に合併し南相馬市が誕生する前は
 南から 小高町 原町市 鹿島町で ほぼその境界に沿って
20km圏内 (ほぼ小高区)警戒区域
30km圏内 (ほぼ原町区)緊急時避難準備区域
30km以遠 (ほぼ鹿島区)計画的避難区域
 となったため 旧自治体間で対応に差があると取られることもあって苦労したそうです
 南相馬市では最後となった小高区は帰還困難区域(1世帯のみ)を除いて去年7月に帰還が許可されました
 それに合わせ常磐線も小高駅まで運行されています

Dsc_2905
danger各画像は画像上でクリックすると拡大します
ここでは有名な浦島鮨さんでにぎりをいただきました
 ネタが良くとてもおいしかったです 某首相も来たことがあるようですcoldsweats01
町中にこんな施設発見
Dsc_2908
よく見ると おぢや元気プロジェクト の文字
杉並区とともに災害時スクラムを組む仲間の自治体です
Dsc_2909
小千谷も新潟地震の被害を受けましたが 被災地支援を行うこのようなグループが今も活動しています
ここはみんなが気軽にお茶を飲める場所です

小高区では8000世帯中2000世帯ほどしか住民が戻っていません
とくに幼い子供を持つ若い世代は放射能の心配からか戻ってきていません
杉並区からの支援の一部が小学校の人工芝校庭づくりに充てられています
Dsc_2946

初日は藍染めに挑戦
 放射能の影響で畑作ができない農家のお母さんたちのストレス解消から始まったそうですが 初心者に教えられるまでに上達したそうです
藍の葉と花 花が咲くと終わりだそうで 見本に見せてもらいました
生葉染めは通常より淡い色で違った良さがあるそうです
Dsc_2911

いよいよ見よう見まねで挑戦 ↓ これが
Dsc_2912

こんな作品に! 参加者それぞれ個性あふれた作品が出来上がりました
Dsc_2966

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

Perfume 聖地へ行く 新橋元楽

東京以外では聖地と呼ばれるところに行くことが多いのですが 地元だと「わざわざ行く」というのが億劫になってしまうもので 亀戸サンストリートも閉店直前(2016.2)お邪魔しました。
Dsc_1140_2
元楽の店舗写真はないのですが看板が右上に見えます↓ この時は時間がなくて寄れなかったのが悔やまれます
Dsc_1143
TV Bros.の本ではかしゆかがポーズした場所
Dsc_1144
サンストリートの閉店に伴い元楽さんも閉店しました お店に飾ってあったサインはいずこへと思っていましたが その後開店した新橋店にあるということで今回やっとお邪魔することに 新橋駅から徒歩5分ほどの場所です
Dsc_2885
注文後さっそく「色紙の写真撮っていいですか」と聞くと「Perfumeですね」と見破られるhappy02
今お客さんがいるんですけど。。と言われたがお客さんの邪魔にはならなそうだったのでお客さんに断り撮影強行coldsweats01  あとでお店の方には強行したことを謝りました
Dsc_2887_2
ちゃんと照明が当たっているlovely お店の方ありがとうございます
Dsc_2887
ぶためしセットというのを選択 ランチタイムは980円とリーズナブル
Dsc_2892Dsc_2893
食べ方のご指導も
Dsc_2894
ぶためしはつゆとごま油を入れて混ぜて食べるのですが シンプルでうまいsign01
ラーメンも背油が多いわりにスープのコクはさっぱりしていて食べやすいです 上記説明書きのように混ぜながらいただけるので濃さも調節できます おいしかったです

そういえば某番組でPerfumeはここのラーメンを食べていないとの話で 店主が若すぎるPerfumeをかわいがり飴などをあげていたということらしい
ということでかなり変則的な聖地ですが 亀戸にあった2枚のサインのもう1枚は銀座店らしいのでいずれまたお邪魔することとしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »