« OTONOKO 2017 & 金沢2 | トップページ | ウーマンラッシュアワー »

2017年12月 9日 (土)

OTONOKO 2017 & 金沢3

最後に金沢城址と兼六園へ向かいました
尾山神社の裏手になります

すぐに玉泉院丸庭園があります
2015年の3月に江戸末期の姿に復元された美しい庭園です
Dsc_3189
周囲の石垣などからの落差があり滝を配した立体的な庭園です
オーストラリアから来た中年夫婦に話しかけられ東京は人が多くてくたくたになったけど ここはいいわきれいなところね と言われたので ありがとうございます でも僕東京に住んでるんですよ(笑)
みたいな会話をしました 片言の英語ですが何とか通じたようです

色紙短冊積石垣 V字型のところから水が落ちるようになっていて9mの滝が作られていたそうです
Dsc_3191
本丸と二の丸の間の空堀にかかる極楽橋 微妙なアシンメトリー
Dsc_3193
三十間長屋(重要文化財) 防壁であるとともに兵器や食料の倉庫で ここの他の建物同様 鉛瓦という白っぽい丈夫な屋根瓦です
Dsc_3195
空堀と石垣 様々な石垣があるのも金沢城の特色です
Dsc_3198
石川門から内部に入ってすぐの枡口の石垣 左が打込接(はぎ) 右が切込接
Dsc_3207
鶴丸倉庫(重要文化財) 全国でも最大規模の武具蔵 意匠も特徴がある蔵ですね
Dscpdc_0001_burst20171203105133739_
天守閣は再建されていないのですが 大きくてりっぱな櫓があります 橋爪門続櫓(二重櫓)
Dsc_3201
橋爪門続櫓から五十間長屋を経て菱櫓(三重櫓)
唐破風出窓には銅板と思われる金属が使われていました
さすが加賀百万石
Dsc_3205
三の丸方向からの眺め 
Dsc_3206

となりの兼六園は三大名園 シンボルの徽軫灯篭(ことじどうろう)
Dsc_3212
冬の名物「雪吊り」もすでに整っていました
Dsc_3216

奇跡のチケット
Img_20171208_0001_2  
実はチケット(入園券)を池に落としてしまい せっかくの美しい風景にごみが浮んだ状態になると思って 悪いことしたなぁと思っていたら 神風?岸に向かってチケットが流れてきました
風も水流も感じていなかったのに ちょっと手を伸ばして無事拾えました
このチケット大事にしなくちゃ と思った次第です

スケジュール上噂の回転すし屋に行かなかったので 兼六園近くの寿司店でちょっと贅沢
のどぐろ しろえび かに など ちょっぴりづつですが名物いただきました うまい
Dsc_3284
最後に 名物 兼六園団子(団子に砂糖を付けながら食べる)などをお休み処でいただきバス集合場所へ 新宿まで8時間 遠い~
Dsc_3293

充実したLIVE&旅でした  お わ り (スペシャ特番風)

追伸12/9 関連Blog 拙ねこBlogに記事

   ニャンてこった!ネコ展

|

« OTONOKO 2017 & 金沢2 | トップページ | ウーマンラッシュアワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OTONOKO 2017 & 金沢3:

« OTONOKO 2017 & 金沢2 | トップページ | ウーマンラッシュアワー »