« やる気スイッチ | トップページ | 続日本100名城 大多喜城 »

2018年6月13日 (水)

昭和7年に学ぶ 家庭看護

この本(家庭百科重宝辞典)が書かれた昭和7年がどんな年か⑪

昭和7年のスポーツ芸能ニュース

冬季オリンピックもアメリカで開催
 (レークプラシッドで開催。日本チームスケート競技初参加。夏季はロサンゼルス
coldsweats02 
今も問題になりつつありますが開催できる国が限られるのでしょうか ちなみに1992年以降は2年ずらしているので同年開催はありませんね

 東京競馬場で初のダービー
 (本命「ワカタカ」が優勝。入場者は9351人。初めてのラジオ中継。
happy01 今年は先日終えたばかりですね。今年の入場者数は
12万6767人とかsweat01

 「国士無双」封切り
 (
片岡千恵蔵、山田五十鈴。「勝つ者が正しい」と世の中を風刺。
think 大大御所二人の名前にピンとくる人はだいぶ減ってるんでしょうね

か行 家庭看護

この当時、介護という言葉はあまり使われていないと思いますが逆に今に比べて入院せず家庭での看護が一般的だったのではないでしょうか。大家族で部屋もあり看護する手も慈愛もあったのかもしれません。

Img_20180613_0003

Img_20180613_0001
Img_20180613_0002

便器の解説で引き出し付きが8円80銭引き出しなしが5円80銭、漆塗り高級品が18円とあります。漆塗りでもトイレに行けないのはつらいでしょうねcoldsweats01
この辞典実用的でこのように値段が明示されているのも主婦向けならではです。

|

« やる気スイッチ | トップページ | 続日本100名城 大多喜城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128679/73675284

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和7年に学ぶ 家庭看護:

« やる気スイッチ | トップページ | 続日本100名城 大多喜城 »