« 昭和7年に学ぶ 家庭看護 | トップページ | 千葉県長南町称念寺と波の伊八 »

2018年6月22日 (金)

続日本100名城 大多喜城

新カテゴリー 日本100名城開始です
 引きこもり(笑)対策と健康づくりですけど
 なにしろ城郭はかなり歩きますからね
こんなことを目論んで調べたところ
 昨年新たに続日本100名城が選定されたので計200城
 スタンプラリーなのでこれまで行ったことがある25城くらいにも足を運ばなくてはなりません
 つまり 毎週1城行っても4年かかるわけです
。。。。完結できるかはともかく 記念すべき1/200は
千葉県 夷隅郡 大多喜町 「大多喜城」
 続日本100名城 (122)
PCでは画像クリックで拡大表示されます
私もそんなに詳しいわけではないので素人目線ですが
最初は少し城郭について解説しつつ書こうかと思ってます
梅雨の最中天気の良い日を選んだのですが
東京湾アクアラインに入り損ねたり
城内の展示施設が水道の不具合で臨時閉館していたりとアクシデントがありましたが
無事スタンプゲットしました
Dsc_3603
大多喜城は平山城という種類で市街地でもなく 山が連なったところでもなく 里山みたいな町の近くの小高いところにあります 種類はほかに平城 山城があるので中間といったところです
本丸跡には天守を模した博物館があります(前述のとおり休館)
Cimg7034
昔のまま残っているものは 遺構といわれ ここには
日本一と言われる本丸の大井戸が隣接の高校の駐車場にあります
Cimg7026
同じ高校敷地内に二の丸の裏門だったとされる薬医門が移設及び復元されています
Cimg7017
水が不足する地域だそうで 対策のための上水道の跡もあります 穴の中の小さい点は出口の明かりです 造られたときは2km西の水流から引いたそうです
Cimg7045
空堀は 皇居の水堀のように水を張らずに地面を掘っただけのものです
Cimg7042
そして掘った土を積み上げたのが土塁です
Cimg7029
本丸のふちはかなり急になっていて攻めづらくなっています
Cimg7032_2
狭間(はざま)という身を守りながら弓や鉄砲を放つための穴を配した壁を再現したものです
Cimg7011
二の丸跡には武士たちが上り下りしていたであろう細い通路がありました
Cimg7039
後世造られた鐘撞堂も雰囲気が出てます
Cimg7040
そちこちの急勾配を見ると城としての地形も素晴らしいと改めて思います
自然豊かで近くに野鳥を観察できる散策ルートがありバードウォッチングも楽しめます
高校の皆さんには親切に遺構の場所を教えていただき ありがとうございました

|

« 昭和7年に学ぶ 家庭看護 | トップページ | 千葉県長南町称念寺と波の伊八 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続日本100名城 大多喜城:

« 昭和7年に学ぶ 家庭看護 | トップページ | 千葉県長南町称念寺と波の伊八 »