« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

FUTURE POP TOUR 大阪

Perfume 単独LIVEは 4年ぶりとのことですが
 去年の9月Perfume FES!! 2017 源さんとの対バンに私も参戦しましたし
自分的には
 5月 METROCK 2017 
11月 KOYABU SONIC 2017 と大阪三昧の年だった

天守閣から大阪城ホールを望む。。。
金シャチが名古屋感出しちゃいましたね(笑)
Cimg2851

私は長野で物販買えたので今回はパス
 チャリティグッズ FPチャームいかがですか~
Cimg2893

開演1時間切っていましたが長い列がぐるり 残念ながら30日の公演が中止になったので物販を買いに来た方が多かったのかもしれませんね
Dsc_4087

物販は屋外テントから室内に会場変更
Dsc_4088
「リック」に加え 「サーマルプルオーバー」 は 全サイズSOLD OUT
 「サーマルプルオーバー」 買っておいてよかった
Dsc_4089

長野の席は後ろ正面 スタンドの一番前で ジャンプすると手すり超えるんじゃないか心配でした 誰も落ちなかったようで良かった
MIKIKO先生がスタッフと話しながら進行チェック?する姿が良く見えました
ステージからは距離がありましたが 演出全体が見えてよかったです
今回はアリーナ センターステージから10列目くらい ちょうど見やすいポジションで 3人を間近に見られました
演出の一部がちょっと変わった気がしたのですが
 スクリーンのはけるタイミングが違っていたような。。。
 あまり言うとネタばれになるので 以上です
募金をよろしくお願いします
Dsc_4090

前回と違うところのお花を。。
Dsc_4091
Perfumeの公演中止は初めてのことでしょうか
 お客様はもちろん
 ステージを組んでばらすスタッフの皆さんにも気配りのコメントをした あ~ちゃんでした
これはネタバレしているので。。。「きゃりーにTikTokを伝授されたあ~ちゃんがステージ上で3人でTikTokにUPすることを約束して実行されました
ちなみに私の次回参戦は10月 徳島です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

FUTURE POP TOUR 長野

ついにスタート 2年半ぶりのツアー
思いがけずチケットを譲っていただき長野からの参加となりました
ということでこちら長野駅
Dsc_3965_2

ビックハット いずれも初見参
Dsc_4066

前記事のとおり松代城周辺を散策し 帰りのバスで途中下車
ビックハット前の 「ゆ」で汗を流しお着替え
松代城 ゆ ともにPTAらしき方々 散見いたしました

下は物販 上段に並んでいる方々は立見席の列です
OTONOKOのパフュ友とも再会
Dsc_4067

コスプレさん全員集合 ありがとうございました
Dsc_4075

物販 サンプルで品定め
Dsc_4068

「リュック」 と 「サーマルプルオーバーXL」 は SOLD OUT
Dsc_4069
ネタバレはしませんが 私が公演前につぶやいたことが
ネタバレになっていたという奇跡(笑)
 まぁ誰も見ていないだろうから問題なし
スポンサー様からのお花
伊藤園(Tully's Coffee) Panasonic DOCOMO
Dsc_4077_2

受付 災害募金もこちら よろしくお願いします
Dsc_4080

うちも泡洗浄使っています まだパフュが関わる前だったけど
Dsc_4081

今回は急きょ参戦だったので翌日予定があり帰京です
松代など散策し体力消耗のLIVE(みなさん今回結構きますよ(笑))
だったため 長野駅までシャトルバス使用 歩けば30分弱かも
Dsc_4082

Dsc_4083

来週は家族で大阪です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

日本100名城 松代城

長野県 長野市松代町 松代 「松代城」

 日本100名城 (26
 各画像はクリックで拡大表示されます

 20/200 やっと1/10制覇 武田信玄が北信濃攻略の拠点としたが亡き後真田氏の居城となった平城 石垣と土塁が残っていたが近年櫓門などを復元した 古戦場川中島も近い

本丸を囲んで土塁堀などと石垣が残っている 三の丸あたりに廃線となった長野電鉄の松代駅の駅舎が残っている
Dsc_3966

この右側は駐車場で 城跡に続いています

Dsc_4014

大手門にあたる南門跡
Dsc_4059

入って左手に二の丸の土塁が二重になっている場所があります
Dsc_4057

二の丸を左に回り込むと埋門(うずめもん)が復元されています
戦闘時には埋めてしまうそうです
Dsc_4036

埋門を抜けると搦手方向になり戌亥隅櫓の石垣があります
ここでは一番高い石垣で天守相当になります
Dsc_4034
まだ未完成と言われる算木積み(かどを長短交互になるように積む)を見ることができます

搦手側は北不明門(きたあかずもん)の櫓門と高麗門が復元され外枡形(本丸の領域から外側へ出ている)を形成しています
Dsc_4016

櫓門を内部石碑側から望む
Dsc_4033

反対に大手門側太鼓門は内枡形(四角い空間が城内側)となっています
Dsc_4048
前橋 橋詰門も含めて復元されたものです
Dsc_4044

石場門跡は東側
Dsc_4001

東側も橋が架かり東不明門跡や隅櫓跡が確認でできます
Dsc_4008


平城なので起伏がなく穏やかにさえ見える城跡です
近くに真田邸がありスタンプは入場しなくても押せるようになっています
Dsc_3987
立派な庭園もあり落ち着いた雰囲気です 真田宝物館との共通券があります
Dsc_3979

1885年開校当時のままの文武学校(旧松代藩の藩校)も隣にあります

旧松代藩鐘楼は1801年に再建されたもの
Dsc_3996

他に文化財が点在し歴史散歩が楽しめる街となっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

続日本100名城 菅谷館

埼玉県 比企郡嵐山町 菅谷 「菅谷館」

 続日本100名城 (120
 各画像はクリックで拡大表示されます

 19/200 杉山城と同じ城館跡群で国の史跡に指定された 鎌倉幕府御家人畠山重忠の居館が始まりと言われその後拡大整備された平城

遺構北東部に県立嵐山史跡博物館があり駐車場が利用できます
博物館前庭に配置模型 建物跡の展示があり この付近が「三ノ郭」となります
Cimg7927

Cimg7930

案内板
Cimg7932

「二ノ郭」に重忠公の立像があります
Cimg7961

ここから望む「二ノ郭」と「三ノ郭」間の堀
Cimg7964

Cimg7958

石の道標が使われていました これはいいですね
Cimg7941

「西ノ郭」と「三ノ郭」間の復元木橋
Cimg7939

復元とはいえ手すりはよく見かけるコンクリート造りのようですが。。。

これは蔀(しとみ)土塁との説明書き 初心者の私は初耳
ぐぐると菅谷館の記事が多いので 他ではあまり使われていないのかも
目隠しの意味合いで 蔀櫓 蔀塀 というように使われているようです
Cimg7936


「二ノ郭」にある空堀道 そもそも空堀に道があっていいのかと思ったのですが細くて入り組んだ道になっていて敵の侵入を難しくしているそうです
Cimg7975

「二ノ郭」から「本廓」への入り口に立つ石碑
Cimg7965

「本廓」は写真左右に深く広がっています 正面奥が「南廓」で都幾川に至ります
Cimg7968

「本廓」周りの土塁と空堀
Cimg7957

Cimg7967

オオムラサキの森活動センターや蝶の里公園 ホタルの里 など自然観察の通路も同居していて里山のような雰囲気です
水辺はとくに「マムシに注意」と作業棟にいた係員さんに教えてもらいました

スタンプは博物館受付にあり入館しなくても押印可能でリーフレットもいただきました
入場料100円なので時間のある方は見学してはどうでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

続日本100名城 杉山城

埼玉県 比企郡嵐山町 杉山 「杉山城」

 続日本100名城 (119
 各画像はクリックで拡大表示されます

 18/200 15世紀末頃の土では最高峰と言われる山城 近年の発掘で山内上杉氏の城であることが濃厚となった 良好な保存状態によって近隣69か所の城館跡が国の史跡に指定された

中学校の体育館横が臨時駐車場になっています
奥まっているのと遺跡の方向が示されていないのでちょっとウロウロ 校内なのでちょっと申し訳ない
Cimg7862

金網の途切れがあり入口になっていました
少し入ったところに案内板やパンフレットが設置されています
Cimg7868
FREE WiFiありますね
Cimg7867

いきなり立派な遺構が目に入ります
Cimg7866

「出廓」(この遺構の表示は郭で統一されているようです)から大手口へ
ステンレス製で耐久性ありそうです(笑)
Cimg7874

Cimg7876

「南三の郭」と「外郭」の堀 橋が架かっていたと思われる
Cimg7883

「馬出郭」から長く続く土塁
Cimg7886

切堀がきれいにたくさん残っていて見ごたえのある城跡です
Cimg7888

「井戸廓」近く井戸跡に置かれた大きな岩
Cimg7892

「本廓」に上がる道
Cimg7893

「本廓」にある石碑 と 祠の中
Cimg7896

Cimg7897

「本廓」を下りながら「南二の郭」方向を望む
Cimg7909

私のような初心者にもやさしい説明書き(帯廓状土塁)
左奥が玉ノ岡中学校
Cimg7918

「南二の郭」と「南三の郭」間の 食い違い虎口
Cimg7923

見ごたえのある遺構できれいに残っているとともに地元の方も整備に参加されているとのことで 素晴らしい城跡でした

スタンプは嵐山町役場の入り口ロビーにあります 時間外は休日夜間窓口対応との情報がありますが確認してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

日本100名城 小田原城

神奈川県 小田原市 城内 「小田原城」

 日本100名城 (23
 各画像はクリックで拡大表示されます

 17/200 秀吉との戦いで敗戦し開城するまで100年余り関東を統治した北条氏の居城 原姿は江戸時代(宝永)の城を再現したもの
Cimg7853

秀吉が天下を取るために行った最後の戦いの場所ですが
その後徳川の世になり幕府の重要な城として役目を担ったり 御用邸になったり はたまた天守台に観覧車が設置されたりと数奇な運命ともいえる時期を過ごしました

赤い橋「学び橋」も城内に学校があったときに新設された橋です
ビルのある側が三ノ丸だった場所になります
手前撮影場所が馬出門土橋で正面入り口となるそうです
Cimg7837

ということで 正規の登城ルートで進みます
馬出門から 馬屋曲輪へ
Cimg7836

馬屋曲輪側の内冠木門
Cimg7835

堀で仕切られた城内へは住吉橋を渡ります
Cimg7839

住吉橋を渡ると枡形となっています
Cimg7833

進行方向に渡り櫓を備えた銅(あかね)門があります
Cimg7840

本丸手前の堀には菖蒲が栽培されています
Cimg7841

上がりきったところが常盤木門
Cimg7842

地元の大工さんなどが門の修復をしているそうで昔ながらの手法や技術を研究しているそうです
Cimg7843

天守登城口からの小田原城
Cimg7847

昭和35年にコンクリート造りで天守を再現し平成28年に改修 門や櫓も計画的に調査や再建をしています
本丸には猿が飼われていたり子供向けの乗り物があるなど少しほのぼのとした雰囲気です

廻縁と高欄は元にはない仕様で観光用ですが
石垣山城方面
Cimg7850

相模湾方面 など景色が楽しめます
Cimg7848

常盤木門の内部に展示スペースが作られています プロジェクションマッピングを利用した展示 コスプレなどの施設があります 天守閣入場料に+100円で入場できます

スタンプは天守閣1階のいわゆる「もぎり」の方に申し出ないと出てきません ちょっと面倒です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

続日本100名城 石垣山城

神奈川県 小田原市 早川 「石垣山城」

 続日本100名城 (126
 各画像はクリックで拡大表示されます

 16/200 秀吉が北条氏を攻めるために築城した陣城(出陣したときに造る臨時の城)ながら小田原城と相模湾を眼下に望む本格的な城郭

別名一夜城と呼ばれる「石垣山城」は数か月かけた築城後に小田原城側の樹々の伐採を行ったことで急に姿を現したからと言われています
駐車場も一夜城駐車場という名称が使われています 駐車場にはパティシエの鎧塚氏の店舗と故川島なお美のメモリアルパークがあります
駐車場から道路を横断したところが登城口です
二ノ丸まではスロープのコースもあります 
Cimg7793

登城口左手にはすでに石垣が見えています
Cimg7794

この先が大手門とみられますが道は右手二ノ丸側へ迂回していました
Cimg7795

まもなくして二ノ丸(馬屋曲輪)の石垣が見えてきました
Cimg7798

ここは石垣の崩壊を防ぐ保存策を施してあるとの説明書きがありました
Cimg7826

二ノ丸から本丸を望む ちょうど草刈りをしていてきれいになっていました
Cimg7800

本丸と天守台跡
Cimg7810

物見台があり小田原城下や相模湾がきれいに見えました
視界が良ければスカイツリーが見えるとか
Cimg7808


Cimg7807

二ノ丸から一段下がったところに井戸曲輪があり大きな岩や石垣に囲まれています
Cimg7815

実際に井戸があったところなのか底に金属の蓋のようなものが見えています
Cimg7824
道を戻り登城口の左手西側に廻り込むと南曲輪の石垣が長く続いています
この先林道との表示がありましたが大切堀と出曲輪の方向となります
Cimg7827
駐車場と城郭はきれいに整備されていて訪れやすい場所です
スタンプは駐車場のトイレ前にあります パンフレットは在庫が2枚でモノクロコピーの急ぎ増刷?版でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »