« 日本100名城 徳島城 | トップページ | 続日本100名城 引田城 »

2018年10月31日 (水)

続日本100名城 一宮城

徳島県 徳島市 一宮町  「一宮城」

 続日本100名城 (176
 各画像はクリックで拡大表示されます

 28/200 自然の要塞にさらに手を加えた堅牢な山城 南北朝期小笠原長宗氏が築城したとされその後末裔の一宮氏の居城 戦国期は蜂須賀氏となり徳島城に移った後は支城となった

一宮神社は登城口に面した側に3台ほど車が停められますが道が狭いので通り沿いの大日寺さんの駐車場をお借りするのが良いかと思います
札所でもある「大日寺」さんの趣きのあるお堂
Cimg3441

登城口 トイレ(右の建物)はここにしかないのでご注意ください
Cimg3451
右手に案内図とパンフレット スタンプがあります
Cimg3506

ネット上に台風により閉鎖の区間があるとのことでしたが事前に問い合わせたところ大丈夫とのこと 係の方がメールに地図まで添付してくれました
きれいに整備された山道が続きます
Cimg3452

最初の曲輪 「才蔵丸」の虎口
Cimg3462

北側は切岸(斜面をさらに急にするため削る)になっているそうです
Cimg3466

「門跡」 右は「明神丸」という曲輪 左は帯曲輪から「本丸」
Cimg3472

「明神丸」から山麓を望む
Cimg3476

唯一残る「本丸」の石垣が目の前に現れます
いい感じ
Cimg3482

虎口はまっすぐ上がっています
上の「本丸」はさほど広くありません
Cimg3483

本丸石垣側面とすぐ裏にある「かまど跡」
Cimg3487

Cimg3488

ここでUターンされる方が多いのか この後は山道のような感じ パンフレットの道幅も確かに細い
「小倉丸」付近
Cimg3496

奥の「椎丸」と「水ノ手丸」も行ってみようかと思ったのですが道がわからず断念
Cimg3499

水分の多い道を下っていくと「貯水池」と呼ばれる辺りに出ます
Cimg3501

Cimg3502

城にとって水の確保は重要ですね
くさり場もあるのでこの辺りは足元注意です
「陰滝」からしばらく下ると山道を抜け登城口へ戻りました
Cimg3504

一宮城跡保勝会という団体 地域住民の方により整備されているそうです
すてきな山城を満喫することができました
本丸以降は健脚向きかもしれません

|

« 日本100名城 徳島城 | トップページ | 続日本100名城 引田城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続日本100名城 一宮城:

« 日本100名城 徳島城 | トップページ | 続日本100名城 引田城 »