« 日本100名城 金山城 (太田金山城) | トップページ | Perfume Closet 2018 »

2018年10月19日 (金)

日本100名城 江戸城

東京都 千代田区 千代田  「江戸城」

 日本100名城 (21
 各画像はクリックで拡大表示されます

 24/200 江戸幕府の中心で壮大な城郭は田舎であった地域を大きく変貌させて出来上がっていった 徳川が300年近く君臨し今は皇居として粛々と管理されている

江戸城と呼ぶことはあまりなく皇居ということがほとんど
近すぎておそらく小学校の社会科見学以来か
事前に調べたところ一部皇居内に入れるというので予約しました
当日受付もありますが人数制限があります
後日別記事にしますが36見附(見張り番所)の櫓跡を回ったあと東京駅から江戸城へ向かいました
見附の一つ「和田蔵門」へかかる橋 先が西の丸下
Cimg3154
和田蔵門に無料休憩所と噴水広場があります
外周道路を渡ったところに東京駅からくると最初に出会う「桜田巽櫓」
Cimg3159

皇居前広場を横切ったところで
皇居と江戸城の構造物があって紛らわしいですが
「皇居正門 (西の丸大手門)」いわゆる二重橋のあるところです
Cimg3170
二重橋奥に「伏見櫓」が少し見えます
Cimg3174
橋右手に鉢巻き石垣が見えます

「坂下門」は西の丸の現在は宮内庁の通用門になっています
車の出入りが時々ありました
Cimg3176

一般参観は外国人も多く 英語 中国語 日本語のガイドがそれぞれついて回りました
「富士見櫓」は一般開放されている東御苑(本丸)側からも見られますが石垣の上に立つ姿はこちら側からとなります
Cimg3196

二重橋側から望んだ「伏見櫓」も間近に見え
Cimg3218
深い濠も見ることができます 堀から一番遠い櫓で湿気が届きにくいので文書などの保管場所でしたが今でも使っているそうです
Cimg3219
「富士見多聞」とその下で季節であれば蓮の花が咲く内堀
Cimg3236

Cimg3239

一般参観の出入り口となる「桔梗門」の高麗門と外観
Dsc_4174

Dsc_4177

一般参観を終え 本丸大手門へ
Dsc_4178

「大手門」で荷物検査していました 手ぶらの人はスルーです
無料ですが入園票を受け取り退園の際は返すシステムです
Dsc_4181
こちらは江戸時代の検問所 「百人番所」の長い建物
Dsc_4187

「中の門」の石垣 一つ一つの石が大きい!
Dsc_4189

「大番所」ここからは大名でも歩いて登城したとか
Dsc_4191

本丸側から見る「富士見櫓」先ほどと全然雰囲気替わりますね
Dsc_4194_3 

[石室」火災に備えたものらしいのですが大阪城の焔硝蔵を思い出します
Dsc_4197

「天守台」大きいのでしょうが建物がないと想像がつかないです
Dsc_4199

天守台上から見る桃華楽堂(音楽堂)
Dsc_4200

帰路は北方向へ進み「汐見坂」へ 昔は海が見えたのでしょうね
Dsc_4208

平川門(手前側)から出ましたがここには汚物や罪人などの出入り口である不浄門と呼ばれる門が設置されているのですが少々見にくい位置でした
Dsc_4218

濠から「北桔梗門を望む」
Dsc_4224

帰路の関係で北の丸武道館方面へ向かいました

「清水門」 櫓門と高麗門
Dsc_4226

Dsc_4227

いやあ 見附巡りから始めたので大変でした 範囲が広すぎる
スタンプも忘れたし
どちらにしても見附巡りがまだ半分残っているので再度回ります

皇居の一般参観はお勧めです 日にちを決めることができるならネット予約したほうが楽です 石垣をもっとお見せしたいところですが膨大なので是非登城してご覧ください

|

« 日本100名城 金山城 (太田金山城) | トップページ | Perfume Closet 2018 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本100名城 江戸城:

« 日本100名城 金山城 (太田金山城) | トップページ | Perfume Closet 2018 »