« 続日本100名城 勝瑞城 | トップページ | 続日本100名城 一宮城 »

2018年10月30日 (火)

日本100名城 徳島城

徳島県 徳島市 徳島町  「徳島城」

 日本100名城 (76
 各画像はクリックで拡大表示されます

 27/200 秀吉の家臣蜂須賀氏の城 もともと城があった山頂部分と麓の御殿部分に分かれる 関ケ原では家康側となったため長く阿波を治めることとなった

平成元年に復元された「鷲の門」(表口見附の薬医門)
Cimg3391
門から北へ延びる堀沿いは少し紅葉がありました
Cimg3388_2

御殿への正面入り口方向の枡形 入口付近は整然と組まれた石垣が多い
Cimg3383
昨年の撮影ですが線路側(旧寺島川)の護岸の石垣にある屏風塀を支えた「舌石」(右側の出っ張った石)
Dsc_2572

鬼門「旗櫓」にある「数寄屋橋」は当時は太鼓橋でした
Cimg3373
橋から南方向へ内堀を望む
Cimg3374

すぐ脇の土塁と石段
Cimg3379

この西側が庭園で南側の徳島城博物館に併設という形で公開しています
スタンプは博物館内です
Cimg3397
10t の自然石の橋 
Cimg3395

蜂須賀家正像 失礼ながら背後の立派な木が気になる
Cimg3400

この奥SLの展示の裏側のかなり長い階段を上りお城ゾーンへ向かいます
登りきったところが「西三の丸門の枡形」
Cimg3404
次々と現れる石垣はどれも素敵です
Cimg3407
「帳(とばり)櫓台石垣」
Cimg3409

別の石垣には大きな鏡石が見えます
Cimg3411
自然石もうまく使われています
Cimg3415
弓櫓台石垣
Cimg3417

この弓櫓がある高さが本丸ですが天守は本丸に造りませんでした
Cimg3422

城内で一番古いとされる本丸北東の石垣
じゃかごに入った石が置いてありますが積み替えを行っていたのではという解説があるのでその石かと思われます
Cimg3428
天守は東二の丸の平坦な土地の上に建てられたということです
本丸より低いことに加えて異例と言えます
Cimg3430

降りたところにある弁天池 城跡は大木の宝庫ですね
Cimg3438

去年は山に登らなかったのでこんなに石垣があるとは思いませんでした
整った平地部分と自然のままの山城が同居しているお城です

|

« 続日本100名城 勝瑞城 | トップページ | 続日本100名城 一宮城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本100名城 徳島城:

« 続日本100名城 勝瑞城 | トップページ | 続日本100名城 一宮城 »