« 続日本100名城 引田城 | トップページ | 日本100名城 丸亀城 »

2018年11月 2日 (金)

日本100名城 高松城

香川県 高松市 玉藻町  「高松城」

 日本100名城 (77
 各画像はクリックで拡大表示されます

 30/200 秀吉から讃岐を与えられた生駒正親が地名を高松と改めの築城 50年ほどでお家騒動があり徳川家康の孫で光圀公の兄にあたる頼重が城主となり以後松平家が治めた 三大水城の一つで海水を濠に引いている

東側の専用駐車場は琴電の線路を渡って入ります
「すぐに艮(うしとら)櫓」と「旭橋」が見えます
Cimg3534
橋の先「旭門」(高麗門)で入園料を払い スタンプもこちらで押せます
Cimg3537
枡形が形成されていて一角に「埋門」があります
Cimg3536

地図になく閉鎖されている通路(写真左端)があり体の不自由な方のためなのか?濠を切って良いのか?
通常は「桜御門跡」(右端)を入ります 手前は「桜の馬場」となります
Cimg3544
巨大な「天守台」 南蛮造りのユニークな天守だったのですが再建の話もあるそうです
Cimg3549

この城の特色海水との水位調整の門があり鯉の餌やりならぬ鯛の餌やりができます
Cimg3556

本丸と二の丸をつなぐ「鞘橋」もとは欄干でしたが江戸中期に屋根付きになったと言われています
Cimg3555

Cimg3559

鞘橋の本丸側虎口
Cimg3561

本丸から見る天守台
Cimg3563

天守台の内側の様子
Cimg3564

天守台から見る鞘橋左奥が琴電の終点「高松築港駅」(たかまつちっこうえき)
Cimg3565

海城ならではの海に向かった門があります
左から「月見櫓」「続櫓」「水手御門」(薬医門)「渡櫓」
Cimg3573
月見櫓は黒い「長押」(なげし)や「唐破風」「切妻破風」などで飾られ格式高く造られています
Cimg3576

御殿のような役割を持つ「披雲閣」は大正5年に再建されたものです
Cimg3579

松平家が長く城主だったせいか全体に品格があるお城と感じました
疑問に思った通路や天守閣がどうなるのか勝手に心配してしまいますがきれいに整備されたお城です

|

« 続日本100名城 引田城 | トップページ | 日本100名城 丸亀城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本100名城 高松城:

« 続日本100名城 引田城 | トップページ | 日本100名城 丸亀城 »