« 日本100名城 鉢形城 | トップページ | 続日本100名城 岩櫃城 »

2019年3月17日 (日)

松尾城

千葉県 山武市 松尾町  「松尾城」

 各画像はクリックで拡大表示されます

 松尾城は明治になり築城された五稜郭に代表される稜堡式の城 明治維新により徳川家の移封が駿河・遠江になったこと伴い諸藩が上総・安房へお国替えとなった 旧掛川藩の太田道灌の家系十六代資美(すけよし)によりに築城された 廃藩置県などにより間もなく廃城となった
 
JR総武線松尾駅近くの図書館奥にある松尾藩資料館へ ちょっと話しかけたら学芸員さんが丁寧に説明してくれました 当時の手紙が現代文にされてあり 国もとに要人の接待の依頼や子供の様子を心配する文面など生々しい内容を興味深く拝見しました
最近多くなった歴史の新事実などについて 細かい文書にまで手が回るようになってきたので発見があるとのこと 納得です
時間の関係もあり車で回ることに
まず教習所の中にある石碑「松尾藩公庁跡」ですが教習中は立ち入り不可なので外から
公務の中心地ということですね
Cimg7096

教習所の周りに残る「土塁」(右側が教習コース)
Cimg7100
次に居住区であった松尾中学校へ
職員さんに撮影許可をいただきました 怪しいおじさんなので
城跡の碑「太田城跡」とありますね いろいろ考えて最終的に掛川城内の郭の名称から松尾になったのですが...名前で呼ばれていたのでしょうか
Cimg7103

校舎側からの眺めは抜群ですね 下に町が見えます
昔は九十九里浜まで見渡せたのでしょうね
Cimg7109
ここには古墳があったことが昔から確認されていたようです
学校南側の「胸壁」は45度の急勾配でこの奥にかけて「汐見坂」となります
景色がよく海が見えたので江戸城の汐見坂からとったとのことです
Cimg7118_2

Cimg7113

気になったのががフェンス越しに見える お地蔵様?
Cimg7127_2

汐見坂途中の祠 裏は中学の裏手で断崖絶壁でした
Cimg7122

移築された「御住居(おすまい)表門」は街道から見えるところにあります
Cimg7135

「稜堡式」の城をめぐるチャレンジでアリバイ的に行ったつもりでしたが
太田道灌・掛川城・京極高次などとかかわりがあったり成り立ちなどが興味深くうかがえたので来てよかったと思いました
また 近くにある大堤権現塚古墳は見ごたえがありお勧めです
Cimg7150

Cimg7147

|

« 日本100名城 鉢形城 | トップページ | 続日本100名城 岩櫃城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松尾城:

« 日本100名城 鉢形城 | トップページ | 続日本100名城 岩櫃城 »