« 戸切地陣屋 | トップページ | 日本100名城 五稜郭 »

2019年7月 6日 (土)

四稜郭と権現台場

北海道 函館市 「四稜郭」「権現台場」

 明治元年(1868年)戊辰戦争末期の箱館戦争で五稜郭を占拠した旧幕府軍が五稜郭への攻撃を防ぐために数日間で作ったとされる ほぼ堡塁のみで他の設備がなく半年後の新政府軍との戦いでは数時間で陥落しその後放置された 権現台場は四稜郭と五稜郭の間に設けたさらに攻守を補うための台場であったが四稜郭同様の結末となった
 各画像はクリックで拡大表示されます
北海道城巡りの旅十番目十一番目は四稜郭と権現台場
冒頭のコメント通り短い存在期間でした
Cimg8702
外部から虎口
Cimg8701
虎口
Cimg8703
内部から見た虎口
Cimg8706
土塁の上から見ると堀の状態もよく見えます
Cimg8708
隅から全体を眺める
Cimg8714
外側から見る土塁
Cimg8717
周りは公園になっていて住民の方の憩いの場所になっています

1km離れたところに権現台場があります
Cimg8800
案内板や現状の神社の周りには土塁が確認できます
Cimg8804
この鳥居は五稜郭を造った石工の作で現存だと案内板にありました
Cimg8802


|

« 戸切地陣屋 | トップページ | 日本100名城 五稜郭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戸切地陣屋 | トップページ | 日本100名城 五稜郭 »