« 続日本100名城 志苔館 | トップページ | 四稜郭と権現台場 »

2019年7月 5日 (金)

戸切地陣屋

北海道 北斗市 「戸切地陣屋」

 戸切地陣屋は日米和親条約で函館が開港されるにあたり松前藩によって築城された洋式堡塁 幕府が倒れたあと蝦夷に渡った旧幕府軍に攻撃され陣屋守備隊自ら火をかけ敗走した 現在は曲輪・土塁・堀跡が残る
 各画像はクリックで拡大表示されます
北海道城巡りの旅九番目は戸切地陣屋で四稜の洋式堡塁 です

ナビに従っていくと林道経由でしたので先に火薬庫を見ました
火薬庫なのに小さな黄色い花がきれい ラピュタっぽい(笑) 
Cimg8662
100mも進まずに裏御門につきました
Cimg8669
門から郭内に入ると門の正面に馬隠しと呼ばれる蔀(しとみ)土塁が大きくそびえ近くに建物跡もありました
Cimg8674
かなり多くの建物が確認されているようです
Cimg8677
草刈りしたばかりのようで美しい緑でした 案内板も立派!
Cimg8684
表御門側も同じく馬隠しがあります
Cimg8678
表御門正面 両方の門は整備事業で復元されました
Cimg8683
門脇の空堀
Cimg8681
表御門に続く大手道 今は桜が植わっています
Cimg8682
外周を回ると稜堡の形がよくわかります
Cimg8686
カメの頭のように一か所だけ飛び出ているところが砲台があったところです
Cimg8688

表御門側に広い駐車場とトイレがあったのですがナビに次の目的地を入れると林道を戻ると出るのですが
明らかに幹線道路とは逆方向なので構わず進むと間もなく幹線道路に出ました
どうやら公園墓地の施設とつながっているので公にはナビが表示しないのだろう
という私なりの結論

|

« 続日本100名城 志苔館 | トップページ | 四稜郭と権現台場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続日本100名城 志苔館 | トップページ | 四稜郭と権現台場 »