« 南部陣屋と函館山 | トップページ | 戸切地陣屋 »

2019年7月 4日 (木)

続日本100名城 志苔館

北海道 函館市 志海苔町 「志苔館」

 続日本100名城 (101

 各画像はクリックで拡大表示されます

 84/200 蝦夷代官として赴任した安藤氏はアイヌとの交易をおこない道南十二館と呼ばれる拠点を造った 東端が志苔館で14世紀末頃小林重弘によって築かれたとされる 康正2年(1456年)志苔から始まったコシャマインの乱で陥落 その後奪還されたが永正9年(1512年)再び陥落した後に小林氏が松前に移ったこともあり放棄されたとされる

函館空港のすぐ隣に位置しています
駐車場は特になく私が着いた時には遺構を見に来たお客さんを乗せたタクシーがいたので待機していました
端に寄せるなどして2台くらいは駐車できそうです
Cimg8633
案内板のあるあたりは堀にあたります
Cimg8634
郭の外の説明版
Cimg8638
復元された土橋と橋 堀は薬研堀
Cimg8651
海が間近❗

Cimg8637  
外側に東屋があり
Cimg8655
スタンプが設置された箱が常駐?されています
Cimg8657
郭内の説明版 建物や防御の変化や出土品が紹介されています
Cimg8644
南(海)方向
Cimg8646
東方向は現在民家があります 土塁には開口部が見えます

Cimg8650
北側も民家が連なっています さらに奥が空港になります
Cimg8641

北東の角から曲輪全体を見たところ
Cimg8649
朝一番に行ったのと海の近くだったのですがすがしく1日がスタートしました

タクシーで乗り付けた方 急がせてしまったかもですみません

|

« 南部陣屋と函館山 | トップページ | 戸切地陣屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南部陣屋と函館山 | トップページ | 戸切地陣屋 »