« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月22日 (火)

日本100名城 大野城

福岡県 宇美町 四王寺ほか 「大野城

 日本100名城 (86

 各画像はクリックで拡大表示されます

 103/200 基肄城・水城とともに大宰府を守るために造った朝鮮式山城で天智天皇が命じたとされる 白村江の戦いに負けたことから唐・新羅の侵攻に備えた

今回の九州遠征の最後です
見取り図の地図では気軽に回れそうでしたが実際にはかなり距離とアップダウンがあり2日に分けてハイキングしてもよさそうな雰囲気でした
ということでいくつかをピックアップして歩きました
最初に「大宰府口城門跡」同じ駐車場に歴史ツアーとみられるグループがバスで来られていました😃
Cimg0022
Cimg0018
小さめの石が何重にも積まれています
Cimg0023
門跡の横にある石塁
Cimg0028
駐車場近くにある城の外周の土塁は5kmほどあるとのこと
Cimg0031
大石垣へ向かう途中にある「増長天礎石群」
Cimg0032
草が生い茂り不安な山道ですが案内板があるとホッとします
Cimg0038
行き止まりで進入禁止の看板がありなんだろうと思いましたが
その先が「大石垣」でした
無視してまっすぐ行くと落ちちゃいますね😵
脇の段を下り横を見ると石垣がありました
Cimg0037
正面からは木が多くてカメラではわかりにくいです
Cimg0035
駐車場まで戻り城の北部へ
朝鮮式らしい「百間石垣」
Cimg0043
土塁のほか谷間を石垣にしたと解説があります
Cimg0053
川もあってとても良いロケーションです
Cimg0039
曲線を描きながら上に伸びていってます
Cimg0041
これに沿って上に道があり少し上がってみました
こんな感じで続くのでしょうが山道が続くようなので戻ることにしました
Cimg0048

スタンプは水城とともに「大野市心のふるさと館」で取得済み
ラグビーワールドカップの試合がある日の福岡へ
予定より早く福岡についたので入浴施設で一息付けました

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

岩屋城

福岡県 大宰府市 観世音寺 「岩屋城」

 岩屋城は百名城大野城の近くにあるが戦国時代の城 16世紀中ごろに高橋鑑種(あきたね)により築城 高橋を継いだ紹運は島津氏の攻撃を受け岩屋城で激戦の上全員玉砕となる(岩屋城の戦い)により果てる 大宰府を一望できる山城
 各画像はクリックで拡大表示されます
新潟大野城の手前にあるこの城跡は訪問が難しく大野城方面から歩くにしても車が通るのでお勧めできません
これまでの情報を頼りに大宰府側から山道を車で登り22番のカーブを目指しました
ほんの少しの路肩2~3台止めるのがやっとです
Cimg0006
Cimg0017
入口はわかりやすく表示がありました
Cimg0005
登りきったところが本郭
画像がなくて申し訳ありませんが左手が小高くなっていて櫓台だったらしいです
土塁跡も確認できました
Cimg0009
周りは急峻😖


Cimg0015
一段下が腰曲輪 右側青い大きな屋根の前あたりが「太宰府天満宮」
Cimg0010
Cimg0012
真ん中に「大宰府」跡
Cimg0008
こんもり緑が続く「水城」跡
Cimg0007
まさに城にうってつけの場所とわかりますね
Cimg0014
車の道路反対側下に二の丸があるらしいのですがやぶだらけなのでパスしました
激闘の場所と聞くとちょっと背中が寒くなります

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

大宰府跡と太宰府天満宮

城巡りの途中に立ち寄るところはどうしても駆け足
主に画像のみの記事となっていますのであしからず
城の記事も結構端折っていますが(笑)

「大宰府跡」

Cimg9969
Cimg9973
大宰府のイメージとしては狭いような広いような

Cimg9972
Cimg9977
やはり模型を見ると想像しやすいですね
このような建物があったら圧倒されることでしょう
Cimg9978
展示施設にある玉石がひかれた溝の遺構
Cimg9981

「太宰府天満宮」

駐車場は結構手前で参道を歩くスタイルはどこの寺社も同じですね
最近は韓国からの観光客が少ないと嘆いている店員さんの声が聞こえてきました
早く仲直りしてほしいですね
Cimg9984
虎口のように途中で参道が曲がっていました
どうしても城目線😖😃
Cimg9985
Cimg9987
Cimg9990
Cimg9993
やはり外国の方が多いです
Cimg9995
Cimg9998
Cimg9999
Cimg0002
大きな木がたくさんあって良いところです
次回はゆっくり訪れたいです
 Dsc_5139_20191020084601

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

続日本100名城 水城(みずき)

福岡県 大宰府市 水城ほか 「水城」

 続日本100名城 (182

 各画像はクリックで拡大表示されます

 102/200 664年に造られた古代の防衛施設で博多湾から続く道の大宰府の手前に設けられた 山と山の間の平地に大規模な土塁を築き東西二か所の門にだけ道を通した 東は博多に至る役人が通る道・西は鴻臚館へ至る外交に関する道とされる官道が伸びていた

1300年以上前の土塁が残っているのはすごいことですね
地上からはわかりにくいのでパンフレットの写真をお借りします
Img_20191017_0001
地上はこちらです「東門跡」
Cimg9939
西門方向を眺めると こんな感じ
Cimg9949
門の礎石類が置かれています
Cimg9952
「官道」の表示と祠
Cimg9951
真後ろがちょうど土塁
Cimg9950
もっと高かったと思いますが面影が残っていますね
Cimg9953
ずっとつながっています
Cimg9956
復元「木樋」
Cimg9959
「木桶取水口」は水が張っていて詳しくわかりませんでした
Cimg9966
Cimg9967
土塁の下に造られた史料館
Cimg9964
ビデオを見せてもらいました
駐車場はこの裏少し入ったところ
この規模のものをよく作ったしよく残っていたと感心しきりです
西門も行きたかったのですが時間の関係でパスしました

「大野城」と「水城」の
スタンプは「大野城市心のふるさと館」です
駐車場はすぐ隣の「まどかぴあ」という市の立体駐車場が無料で利用できます

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

続日本100名城 基肄城(きいじょう)

福岡県 筑紫野市 山口ほか 「基肄城」

 続日本100名城 (184

 各画像はクリックで拡大表示されます

 101/200 天智天皇の命によって大宰府を守るために築かれた城といわれる 唐・新羅軍と戦う百済に援軍を送った「白村江の戦い」で敗退したため日本侵攻に備えた 大野城・水城とともに大宰府を守る日本初の朝鮮式山城とされる

カーナビで進んだところ「災害により通行止め」の表示があったためスタンプのある基山町民会館に向かいました
Dsc_5137
職員さんに聞くと問題なく行けますということで城の資料と案内の地図もいただきました
カーナビとは違うコースでかなり狭い山道もありましたが無事草スキー場駐車場に到着しました
草刈りの真っ最中
Cimg9895
草スキー場の横にある登山道と思われる道をとにかく上に向かって歩きました
Cimg9899
草なので滑りやすいので履物は要注意です
正規のルートではないかもですが💦
まあまあの斜度を一気に登りきると少しガスっていたけれど視界が開けました
Cimg9900
石碑や見晴台がありました
Cimg9906
まず基山の頂上を目指します
Cimg9903
上が主郭です
Cimg9909
虎口なのでしょうか 真ん中に登り口が
Cimg9910
山頂から見た「いものがんぎ」という堀切です
主郭への侵攻を防御します
Cimg9911
頂上にある祭祀?
Cimg9912
天智天皇の碑
Cimg9918
登り口に戻り反対側を少し進んだのですが
山道が深くなりそうだったのと一部不通区間があるという情報もあったので引き返しました
Cimg9901
いったん山道を下り水門のある場所まで車で移動しました
山城の広さを感じます
「水門跡」南門もあったとされます
Cimg9923
Cimg9922
かなり高い石垣です
台風の被害なのか石材が片付けられて並んでいるものがありました
周辺には土砂崩れのあとも見受けられました
Cimg9927

カーナビだけでは思ったところに行けるとは限らないことがわかりました
城巡りは時間との戦いもあるので時間優先にルートを考えてしまいますが
現地の情報を地元で仕入れてからがよいという教訓でした

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

日本100名城 佐賀城

佐賀県 佐賀市 城内 「佐賀城

 日本100名城 (89

 各画像はクリックで拡大表示されます

 100/200 記念すべき100城目やっと半分 佐賀城の前身村中城は地方領主により築城され後にの子孫が龍造寺と名乗った 16世紀後半大友氏の侵攻があり家臣の鍋島氏が敵将を討ち取った 関ヶ原後龍造寺氏の滅亡により鍋島氏が藩主となり幕末まで続いた

鍋島氏の功績は大きかったようですね
銅像も立派です
Cimg9838
現存「鯱の門と続櫓」
Cimg9841

Cimg9845
佐賀の乱のときの弾痕
Cimg9846
内部から見ると鯱がよく見えます
Cimg9847
復元された「本丸御殿」
Cimg9848
入口に展示された「アームストロング砲」
Cimg9851
御殿内部廊下 梁が見えるようになっているところもありました
Cimg9852
Cimg9853
「御座間」(右)は鍋島直正の居室で現存ですが何度か移築し元に戻りました
Cimg9864
Cimg9857
「南側土塁」を望む
Cimg9856
「南側土塁」と広い堀
Cimg9867
庭にある「石製の樋管と水路」
Cimg9874
再現された「西側土塁石垣」
Cimg9877
「天守台」
Cimg9875
上記左側「続櫓の石垣」
Cimg9878
スタンプは御殿の受付です
無料で音声ガイドを貸してくれました 太っ腹!
佐賀藩は近代化を進めた藩で製鉄造船など最先端を走っていたんですね
「はなわの歌」でSAGAのイメージではマイナーだったので(笑)目からうろこ

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

日本100名城 吉野ケ里

佐賀県 吉野ケ里町 田手 「吉野ケ里

 日本100名城 (88

 各画像はクリックで拡大表示されます

 99/200 城のルーツともいえる弥生時代の「環濠集落」公園として整備されたほとんどが国の施設で一部県となっている 多くの建物と濠などが再現されている

お昼なので食堂で食事しました 古代食?風
アサリがすごい量入っていました
見難いですが 古代米のおにぎりの前に魚もいます
Dsc_5127

入口付近でイノシシがお出迎え よくできてる😃
Cimg9804

Dsc_5130
この時代から逆茂木があったんですね
Cimg9802
集落の長の家
Cimg9812
奥さんの家の中
Cimg9806

Cimg9807
柵の外側
Cimg9817
物見台からの景観
Cimg9814

神殿を中心とした地域
Dsc_5131
祭事の様子
Cimg9825
甕棺と墓列
Cimg9829

Cimg9830
墳丘墓
Cimg9832
内部に再現施設があります
スケールは違いますが兵馬俑のところに似ています
Cimg9833

広いのですが外周を連絡バスが無料で運行されています
スタンプはチケット売り場にありました
スタッフはあまりしつこくならない程度に説明をしてくれてよい感じでした

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

続日本100名城 久留米城

福岡県 久留米市 篠山町 「久留米城」

 続日本100名城 (183

 各画像はクリックで拡大表示されます

 98/200 前身篠山城16世紀初めの築城とされ半ばには大友宗麟の支配下に入ったとされる 秀吉の九州平定後毛利秀包(ひでかね)によって築城された 関ヶ原後田中氏のあとに有馬氏が入り城及び城下町を整備し幕末に至った

建物がないのですが立派な石垣が残っている城址です

駐車場から見る 天守代わりの三重櫓「巽櫓」の石垣
Cimg9757

「蜜柑丸」から「月見櫓」方向へ上る階段
Cimg9761
階段上部の門跡
Cimg9764
上記石垣の上が「月見櫓」
Cimg9767

本丸跡に建つ「篠山神社」
Cimg9772
「小早川神社」築城した「毛利秀包」は後の「小早川秀秋」
Cimg9769
本丸北側に残る石垣
Cimg9773
北東「艮櫓」跡
Cimg9774
そこからの眺望
Cimg9775
「大井戸」跡 本丸には井戸が3つあったそうです
Cimg9779

「本丸大手虎口」
Cimg9782
石垣の途中にある石樋?
Cimg9785
「冠木御門」跡
Cimg9786
南面の「高石垣」
Cimg9791

石垣だけが残っているようなお城ですが高石垣が見事で十分感動です!
上には有馬記念館という郷土資料館があります

スタンプは神社の社務所の端っこに置いてありました
声をかけたのですが作業中のようでしたので勝手に押してきました(笑)

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

日本100名城 福岡城

福岡県 福岡市 中央区 「福岡城

 日本100名城 (85

 各画像はクリックで拡大表示されます

 97/200 軍師官兵衛で知られる黒田考高の築城 秀吉に仕えていたが死後関ヶ原では東軍で戦功をあげ家康から筑前を与えられた 築城の名手でもあった黒田孝高・長政父子は九州一の巨城を築き幕末まで存続した 現存建築物は少ないが多くの石垣や大きな堀が規模の大きさを残している 敷地内には平安時代外交の窓口となった「鴻臚館」の発掘跡が展示されている

100名城スタンプ開始から初めての九州入りでした
台風などの影響を何回か受けていたのですが当日は何とか晴れました
三の丸駐車場の石垣 高い!
Cimg9669
すぐ西側の「松ノ木坂」季節がらか台風のせいか銀杏が大量に落ちていました
Cimg9672
「本丸表御門」
Cimg9677
「祈念櫓」は石垣の改修のために解体したらしくありませんでした
ネット上にあまり情報がなくシレッと済ませるつもりかな😃
案内が欲しかったです
「鉄門跡」過去写真と比べると木の階段の下に本来の石段があるので保護のためかと思われます
左側が「天守台」
Cimg9681
「小天守台」周りの石垣は草が茂っていい感じです
Cimg9685
「埋門跡」天守台を含め通路と手すりが設置されています
Cimg9691
「天守台」から埋門方向
Cimg9699
裏手から
Cimg9727
城内通路の石畳
Cimg9706
現存「多聞櫓」
Cimg9719

Cimg9715
「上之橋御門」跡
Cimg9735  
堀と「下之橋御門」
Cimg9740
「下之橋御門」と「続櫓」
Cimg9744
「伝潮見櫓」
Cimg9752
長政の家臣邸の門「名島門」
Cimg9755
誰かのいたずらか どんぐりが整列
Cimg9756
とにかく広い!見て回りたいところがまだありましたがこの日1城目だったのでここまでとしました
スタンプは何ヵ所かで押せるようですが私は「鴻臚館跡展示館」で押印させてもらいました
史料館である「福岡城むかし探訪館」とも無料の施設でした

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

台風には勝てない😢 その2

P Cubed の続きと 渋谷のポスタージャック

#cpc05 メジャーデビューをみんなに伝えた日。 これからも3人でいられることが嬉しかった。

Dsc_5064
300 500 と会場のキャパが増えるのはうれしいけど埋まるか不安だった
三度目のデビューは待ちに待ったメジャーデビュー
Cimg9588
Cimg9587

#cpc15 信じ続けていると、夢は現実になると知った。

Cimg9579
三人でそれぞれを Perfumeというグループを 信じて
信じるに足る存在として 精進してきた
Cimg9578
小さなステージも全力で
Cimg9582
いつも より大きな夢に向かって
Cimg9583

#cpc25 3人一緒に前に進む。それは上京したときも今も変わらない。

Dsc_5024
広島小学生は TokyoGirlに でも心は変わらない
 言葉も変わってない(笑)
Dsc_5025

Dsc_5022
Dsc_2336

#cpc30 Perfumeを好きという気持ちで繋がってるのは、私たちもみんなと同じ。

Dsc_5125

We are Perfume みんなで作り上げている
メンバーも構成員の一人 そんな気持ちがみんなを包む
Dsc_5122

Dsc_5121
前回の Perfume Cafe でもお世話になりました SUZU CAFE
Dsc_5118

PCubed 最後は渋谷の街を ポスタージャック


渋谷駅前
Dsc_5048

Dsc_5047

Dsc_5045

Dsc_5044

Dsc_5043
O-west他 裏通り
Dsc_5056

Dsc_5058

Dsc_5066

Dsc_5059

Dsc_5062

Dsc_5068
東横線
Dsc_5076

Dsc_5077

Cimg9661

| | コメント (0)

台風には勝てない😢 その1

関ジャムフェス中止でがっかりです😖

と ここんとこBlogサボっていたと気が付き後追いレポート💦

まずは タワレコさんとのコラボカフェ

一週目 エントランス付近
Dsc_5015
楽曲にちなんだ メニュー
Dsc_4988
私は「チョコレートディスコ」と「Perfumeラテ」を注文
そんなに食えるのかい というほどオーダーした方も...
Dsc_5007
注文するといただける ポストカード と 使用後のシート(テーブルマット)
シートはそそくさとしまい込む方が多いですね(笑)
Dsc_5008
90分の入れ替え制でした
Dsc_4990
Dsc_4992
過去タワレコ店頭に飾られたボードが多数展示されていました
Dsc_4995
出入り口にはグッズ売り場も
Dsc_5009
二週目は ポスタージャックの日に寄りました
メニューも少し変更
Dsc_5100
フラッグの付いたピックが欲しかったので「ねぇ」
Dsc_5112
ドリンク「Spring of life」 シートも変わった❗
Dsc_5109
今回の展示はパフュT  & タオル
アイロンかけようよ~ と思ったファンは多いはず😃
Dsc_5103
ポスターの展示も一部入れ替え
Dsc_5102
Dsc_4992
渋谷タワレコさんの「P Cubed」発売日
Dsc_5050
Dsc_5053
新宿タワレコさん
 No Perfume No Life
Dsc_5094
Mステ出演時の衣装展示 
Dsc_5085
再開した タワレコ錦糸町店さん
 力作!!!
Dsc_4911
エントランス
Dsc_4909

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »