2017年9月19日 (火)

大阪散歩 2017

Perfume FES で大阪へ
メトロック も大阪でした(Perfumeの出演が大阪会場のみだったためですがcoldsweats01
大阪のお客さんはノリがいいので楽しかったです
メトロックは会場に近い関西空港
今回は大阪城ホールだったので伊丹空港からとなりました
飛行機のほうが予約を取りやすく費用も変わらないので最近はANAが多いです

宿泊先は比較的大阪城ホールに近い ホテルリブマックス大手前
少々設備が古い部分がありますが 電子レンジ 加湿付き空気清浄機 ズボンプレッサーなど 備品が整っていて 駅近 コスパでお勧めですsign03

ホテルから徒歩ルートを確認しながら大阪城ホールへ
お城ファンならご存じ入口に大きい石を置く
Dsc_2798

威嚇ですね こんな大きい石あるんだぞhappy02
Dsc_2800

天守閣は豊臣時代 徳川時代を経て三代目 鉄筋コンクリート製です
Dsc_2801

夜 LIVE帰りに撮った大阪城
Dsc_2823

東日本では生産及び販売終了となったカール お土産にゲット
Dsc_2806
東京では見かけない ホームにドラッグストアcoldsweats02
Dsc_2797

メトロックの時観光できなかったので今回は久々USJ
Dsc_2826

9時開場ですがネット情報ではもっと早くからやっているとのこと8時30分目標で出かけたらすでにコースターから悲鳴がsign02 どうも8時から8時15分には開いてそうですねcoldsweats02

まずはハリポタですよね
Dsc_2828
一番奥なので速足で進みました
夏休み後の平日で空いているという情報だったのですが

Dsc_2830_2

情報通り話題のハリポタ3Dライドも30分ほどで乗れましたし、このエリアへの入場制限もありませんでした。
Dsc_2834
実はスマホのバッテリー不良で以下画像なしですbearing
Dsc_2838

というわけで(笑) 飛行機の時間の関係で15時にはこちらを出なくてはならず(伊丹空港まで1時間ほど)焦ったのですが シングルライダーというボッチにやさしいシステムのおかげでハリポタ後
下向き乗車のジェットコースター> フライングダイナソー
古参のライド> ジェラシックパーク
ドリカム大阪LOVERを聞きながら乗るジェットコースター> ハリウッドドリーム
同じくドリカム企画で暗闇を走るライド> スペースファンタジー
私の一押し3Dライド> スパイダーマン
そしてターミネーター3Dと廻り ミニオングッズのお土産を購入 無事帰ってまいりました

USJはTDRのようにファストパスがなく お金を払うと優先で乗れるというシステムですが
この時期の平日ならたくさん乗りたい方もワンデイパスで問題ないかなと思いました
複数できていてもシングルライダーコースに並べば半分ぐらいの時間で乗ることができますしね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

徳島 淡路 2017_3

美術館近くにある大鳴門橋からうず潮が眺められる 渦の道という施設へ

潮の干満で現れるので 時間的に早く大きな渦は見られませんでしたが
小さな渦や 流れに逆らって走る船の雄姿をみました
Dsc_2666
高所恐怖症の方は 無理。。。ですね!
Dsc_2671

千畳敷展望台から見る大鳴門橋 渦の道はこの橋の手前側下にあります
Dsc_2676

3日目は 淡路島中部にある 淡路ワールドパーク ONOKORO
いわゆる地方にある遊園地なのですが ここでZIPLINE初体験ですhappy02
Dsc_9999
装備の確認と安全に対するレクチャーと練習のあと
4コースに挑みましたwink
小さなお子さんも参加(120cm以上)できこれまでの最高齢者は88歳とか
病みつきになりそう 今度はロングコース挑戦したいですhappy02
装備を付けたまま記念写真
Img_20170824_0002
ここにはお子様向けの乗り物が多いのですが
兼高かおるさん(年齢的に知らない方も多いかも)の資料館があり世界各地の貴重な品々が展示されています
ミニチュアワールドという世界の有名な建築物を縮小した展示もあります
Dsc_2698_2

Dsc_2699
海を眺めながらの足湯も
Dsc_2694
人工雪を降らせるサービスが一番盛り上がっていたかも
何しろ暑かったので
雨予報もあった3日間でしたが天気に恵まれました

おわり

P.S. あとでPerfumeのあ~ちゃんが阿波踊りを見に来ていたと知り
空港でニアミスしてたかもlovely。。。と妄想(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

徳島 淡路 2017_2

2日目は旅行のメイン大塚国際美術館です
かなり前にこの美術館の前を車で通ったのですが内容を全く知らなくて
なんでこんな町から離れた美術館に観光バスが次々やってくるのだろう
と不思議に思って通過したのです

しばらくたってこの美術館のことを知り
いつかは行ってみようと思っていました

ご存じない方のためにちょっと解説
世界の有名な美術作品を複製展示しているんです
複製は陶板に焼き付けるという方法で色などの劣化がほとんどなく保持できるのが特徴です
外国ではほぼ当たり前ですが写真も撮り放題です

この美術館の紹介で使われることが多い システィーナ礼拝堂
ミケランジェロの天井画と壁画です
dangerクリックで各画像が拡大します
Dsc_2610
戦争で破壊されたエルグレコの絵画で飾られた祭壇を復元した大作
本物の金です!お金かかっていますよcoldsweats01
Dsc_2613
世界各地に点在する名画がこの美術館に来れば一度に見ることができるのも魅力の一つです ヴィーナスの誕生(サンドロ・ボッティチェッリ)
Dsc_2626
陶板は原画のタッチに合わせて細かく仕上げてあるのでほとんど趣が損なわれずに再現されているそうです
 モナリザ(ダビンチ) 
Dsc_2631
入場料はちょっと高いのですが納得のいく展示です
 ゲルニカ(ピカソ)
Dsc_2624

訪問した折はコスプレコーナーが各時代ごとにあり
こんな感じで名画の一場面になりきって?楽しめますhappy01
Dsc_2619

丸1日いたのですが 見切れないというか疲れちゃいます
最後のころちょっといたずらしちゃいました
 ごめんなさいhappy02 これは勝手にやってますsweat01
 落ち穂ひろい(ミレー)
Dsc_2654
モネの大睡蓮の屋外展示
奥に大鳴門橋の高速道路が見えています
Dsc_2640
このテラスには本物の睡蓮もあって雰囲気を楽しめます
Dsc_2638

お土産の ムンクの叫び 和三盆。。。売り切れweep
Dsc_2665

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

徳島 淡路 2017_1

今年の家族旅行は大塚国際美術館と決めていたので
その周辺徳島及び淡路島周辺を回ることとしました

狙ったわけではないのですがちょうど阿波踊りが開催中で
空港では歓迎の阿波踊りが披露されていました
dangerクリックで各画像が拡大します

Dsc_2566
レンタカーを借り 駐車場(ここ安いですheart02)がある徳島城址へ
天守は再現されてなくちょっと地味なんですが
自然な感じの石垣 貝塚 海岸地層(海蝕)が見えるところなど
興味深い散歩道が続きます
Dsc_2571

阿波踊りの華やかな飾りつけが鮮やかな徳島の中心街を抜け眉山へ 徳島の町から大阪湾 紀伊半島に向け一望できます
Dsc_2574
下山後昼食をしようと思ったのですが飲み屋さんが多くてhappy02
そして食事処は休み。。。みんな踊りに行っちゃったのかなと思うくらい
結局デパートの食堂で食事しましたcoldsweats01

次に人形浄瑠璃を観に「阿波十郎兵衛屋敷」へ
浄瑠璃の物語の実際の舞台となった 阿波十郎兵衛屋敷にある施設で
浄瑠璃の人形の展示と実際の上演を見ることができます
Dsc_2581
終わった後のあいさつ 徳島には人形遣いと太夫・三味線を演じる方々の団体が数多くあり伝統が力強く受け継がれているそうです
展示室では実際に人形を操作してみることができます
Dsc_2588
時間があったので大鳴門橋近くの道の駅で夕食
魚介類はおいしいのですが 関東人にはこちらのお醤油は甘い!coldsweats01
Dsc_2606
宿泊は 南淡路ロイヤルホテルを利用

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

名古屋_2016_2

日本最大の商店街 大須 を訪れました
まずは 大須観音にお参り
dangerクリックで各画像が拡大します
Dsc_2076
朝早かったので商店街は開店の準備で やっと時間が動き始めたという感じでしたが
カジュアル衣料などが多いように見受けられました (猫情報はこちら)
Mapの表紙 ご当地アイドルが何とも。。。いい感じですcoldsweats01
Dsc_2156
熱田神宮へ
樹々が多くてとても落ち着いているのですがやはり人が多い!
この時期七五三もありますしね
神社の婦人会の方が着物の着崩れ直しのボラをやっていました
Dsc_2090
結婚式もいくつか見かけました 天気が良かったので何よりですね
Dsc_2095

今回の名古屋で一押しが 白鳥公園です
平成元年に世界デザイン博覧会の会場になったところです
人工的に作った部分も多いとは思うんですがとにかくうまく配置されていて美しい公園です
Dsc_2105

鯉の影が映る透き通った池
Dsc_2103

Dsc_2114

その昔貯木場があったとのことで近くの川も広くて爽やかconfident
Dsc_2098

名古屋駅の名物 ナナちゃん
 今日は。。。裸? どこかのお父さんが堂々と股下を闊歩
Dsc_2122

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

名古屋_2016_1

Perfumeのライブのついでに名古屋観光しました
ついでというと失礼なんですが先日の高野山の時のツアーガイドさんも名古屋の観光はんん~。。。と言っていましたので(笑)happy02
Perfumeの聖地 ソフマップさん オアシス21のほかに回ったのは

まず 名古屋城
熊本城に比べ残っている範囲は狭いのですが堀などが大きい印象です
dangerクリックで各画像が拡大します
Dsc_2048
本丸御殿(写真上左端)が再現されたばかりで眩い黄金で飾られていました
係員の方が神経使ってました 確かに障子一か所穴空いてましたcoldsweats01
Dsc_2042
熊本も本丸御殿が再建されたばかりできれいでした 深刻な被害は免れたようですが一部ひび割れなどが報道されていました
天守閣から名古屋中心部 紅葉もやや始まっていました
Dsc_2052_2
国の文化財指定を受けている 名古屋市庁舎
Dsc_2057_3
お昼は栄で「あつた蓬莱軒」のひつまぶし食べました すごい行列でしたが席数が多いせいか意外と早く食べられました この日はホテルにチェックインしライブへ

つづく



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

京都2016_4

今回特に見てみたかったのは
伊根の舟屋でした

dangerクリックで各画像が拡大しますDsc_1799

いわゆる懐かしい風景 経験はしていないけれど昔の風景が
恋しい年頃なんでしょうかcoldsweats01
Dsc_1805
ベトナムなどの稲作風景や農村に対しても似たような感情が浮かびます
Dsc_1806
最近は船が大きくなって舟屋に収まりきらないので内部に船がある風景はないそうです
遊覧船からは少し距離があったので陸からも見たかったです
Dsc_1810

最後は一路南下 嵐山に戻りました
3年前の洪水で流れが変わったところもあるそうですが
 ここは定番の風景happy02
Dsc_1814

渡月橋の南にある法輪寺さんを訪ねました
段が低く 意外と上りやすい石段
Dsc_1816

このお寺から眺めることができる 上から縦に見る渡月橋は珍しいのでは
Dsc_1817

嵐山をぶらぶら やっぱり外国人が多いですね
京福電気鉄道 嵐山駅はかなりデコレーションされていて見ごたえありました
車両もレトロっぽい
Dsc_1819

京都はこれまでスルーしてきていたのですが
母の故郷でもあるし 次はゆっくり訪ねたいと思いました

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

京都2016_3

京都日本海側に到着 天橋立 日本三景制覇ですhappy02
ここが一番来づらいですよね 関東人としては

dangerクリックで各画像が拡大します

Dsc_1773

何故か 添乗員さんとガイドさんが股覗き(祝sign01 イグノーベル賞)
Dsc_1775

リフトからのだんだん迫る風景もまた良し
Dsc_1779

ふもとの元伊勢神宮(元伊勢籠神社) 名のとおり伊勢に遷宮されるまで天照大神が祭られていたそうです 今年は伊勢に縁がありますねcoldsweats01
Dsc_1782

天橋立を散策 入ってすぐ 智恩寺境内 絵馬がたくさんあります
Dsc_1784

おみくじ?
Dsc_1785

山門
Dsc_1793

かわいいにゃんこがいたのですが 拙ネコBlog

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

京都2016_2

二日目となるこの日は京都縦貫自動車道をひたすら北上して丹波へ

ちりめん街道と名付けられた与謝野町加悦(かや)伝統的建造物群保存地区
安土桃山時代から街づくりが始まったといういかにも古都の周辺らしいところですが
もちろん今残っているのは大正から昭和初期頃の丹後ちりめんで栄えた時の家々です
旧市役所の木造庁舎をスタートし見て回りました
昼食をいただいた今も営業している 井筒屋旅館

dangerクリックで各画像が拡大しますDsc_1741

川島酒造跡
Dsc_1745

商家二階の洋室の外観 和の邸でにここだけ洋
Dsc_1751

伊藤医院跡 別の場所で開業とのこと
Dsc_1765

入口上部のこてで仕上げた飾り
Dsc_1766

主に観光用ですがいまだに現役の機織り機
最盛期には機織りの音があちこちから聞こえてきて鳴りやまなかったそうです
Dsc_1756

この白壁は汚れではなく戦時中に目立つ白をススで覆った名残だそうです
Dsc_1767

街並みというのはいろいろな歴史を含んでいるものですねぇthink

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

京都2016_1

ニューヨークから帰国後し1週間後 京都へ行きました
ということで1か月半もたってしまいましたcoldsweats01
珍しく丹波のほうへも行く旅ということで参加させてもらいました

最近コマーシャルで見る 世界遺産 天龍寺
平成9年天龍寺開山650年記念事業として日本画家加山又造画伯により描かれた雲龍図TVコマーシャルでは見られますが撮影禁止ですwobbly
見る者が移動してもずっと目がこちらを向き
顔の向きが変わるという不思議体験ができます
これもTVコマーシャルでは紅葉になっている池と庭園

時間がなかったので速足で回りましたが苔が素晴らしかったconfident

dangerクリックで各画像が拡大します

Dsc_1728

この庭から見える 襖絵の龍
Dsc_1729

寺内にある食事処龍門亭で食事をいただく
庭にアオサギが。。。最初作り物かと思いました 偶然です
(写真中央)

Dsc_1723

 次に 石山寺 33年に一度の御開扉 如意輪観世音菩薩
 この何年に一度というフレーズはどうしても惹かれちゃいますよねhappy02
中腹にある多宝塔
Dsc_1735

実はここで大発見
高野山で自分では拾えなかった 三鈷の松が。。。
Dsc_1737

しかも大量にcoldsweats02
Dsc_1738

もちろん?大量に持ち帰りました って希少感0ですね(笑)

Dsc_2028_2

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧