2019年8月26日 (月)

日本100名城 金沢城

石川県 金沢市 丸の内 「金沢城

 日本100名城 (35

 各画像はクリックで拡大表示されます

 96/200 加賀一向一揆の本拠地金沢御堂跡に築かれた城 信長の命によりが柴田勝家が一揆を制圧し甥の佐久間盛政が尾山城城主となる 天正11年(1583年)賤ケ岳の戦いに敗れた盛政に代わり前田利家が城主となり大幅な改修を行い総構とした 幕末まで前田家14代にわたる居城となった 隣接する日本三大庭園兼六園は前田家の別荘として造られた

二度目の登城ですが前回は100名城を回り始める前でした 音楽イベント(OTONOKO2017年)の時でその時のBlogも併せてみていただければと思います😃

今回は兼六園を散策後「石川門」から登城しました
Cimg9490
二重櫓を含めこれらは現存となります
Cimg9491
表門
Cimg9492
桝形内の石垣が2種類の積み方になっているところが変わっています
打込接(左) 切込接(右)
Cimg9493
Cimg9495
入ってすぐの案内所にスタンプがあります
前回パスした「河北門」
Cimg9499
門の中から
Cimg9501
高麗門
Cimg9507
右にある「ニラミ櫓台」
Cimg9506
三の丸から見る「五十間長屋」左端が「橋爪門続櫓」右端が「菱櫓」
Cimg9511
桝形土塀

Cimg9512
二の丸側から見た菱櫓 御殿が並んでいたであろう空間
Cimg9530
動植物の森のようになっている本丸跡を抜けた虎口
Cimg9528
本丸二の丸間を渡る「極楽橋」
Cimg9514
鶴丸倉庫の内部が公開されていました
Cimg9517
外観正面の写真は前回のものです
Dscpdc_0001_burst20171203105133739_cover
尾山神社へ向かうところにあった「鼠多聞」を復元中でした
Cimg9536
オリンピックに間に合うように工事を進めているということでした
Cimg9537
楽しみですね💕


| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

続日本100名城 越前大野城

福井県 大野市 城町 「越前大野城」

 続日本100名城 (138

 各画像はクリックで拡大表示されます

 95/200 越前は都に近く重要な拠点であった 一乗谷の朝倉氏によって100年の繁栄が築かれたが信長により滅亡後一向一揆などにより不安定な時期が続いた 信長が派遣した金森長近によって平定と城下町の整備が行われ築城も行われた 関ケ原の戦いを挟み城主が何回か入れ替わるが天和2年(1682年)から徳川譜代の土井氏が幕末まで藩主として治めた

夕刻に越前大野に入りました 台風の影響を少しだけ受けましたが夜間だったので問題ありませんでした
天守はライトアップされていましたが10時になったら消えました
Cimg9416
朝同じ位置から見ると こんな感じ😃
ここも朝霧が出て「天空の城」になることがあるそうです
Cimg9427
地域の施設「越前おおの結ステーション」
Cimg9425
「大野市民俗資料館」は明治22年に「大野治安裁判所」として建てられました
Cimg9432
突き当りの神社を抜けたところに南登城口となる門があります
Cimg9430

案内板は城下町を含むものでした
Cimg9428
藩の財政を立て直した土井利忠の像
Cimg9438
橋の下は空堀です
Cimg9440
近道コースは階段が多い💦
Cimg9443
天守近くの門
Cimg9444
くぐると天守が見えました
Cimg9446
手前にある「お福の池」初代城主金森長近の正室の名前だそうで…金魚が泳いでいました
本丸に池は珍しいかもですね
Cimg9447

御殿風の 天守は復元(コンクリート造り)です
Cimg9457
力強い石垣です
Cimg9450
3棟が一体となった複合連結式天守です
Cimg9462
Cimg9456
天守から城下町を望む
Cimg9472
散歩する町の人や駆け上って鍛える学生など町の一部となっている姿が素敵なお城でした
お盆だったせいか入館料が無料でしたこちらの1階にスタンプが置いてあります

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

日本100名城 一乗谷城

福井県 福井市 城戸ノ内町 「一乗谷城

 日本100名城 (37

 各画像はクリックで拡大表示されます

 94/200 100年に渡る越前朝倉氏の本拠地 国の特別史跡・特別名勝・重要文化財の指定を受けている 応仁1年(1467年)応仁・文明の乱のころ朝倉氏は一乗谷に本拠地を移したとされる 京から戦乱を逃れた貴族文化人により「北の京」と呼ばれ文化的にも繁栄した 将軍上洛の機を信長に奪われさらに信長により一乗谷の城下町は殲滅させられた 

車で下城戸から入りました 駐車場らしきものはないので入口に駐車
土塁をバックに立派な石碑が建っていました
Cimg9332
土塁と堀 当時は奥がすぐ川だったようです
Cimg9337
門があったとみられる石垣
Cimg9338
土塁を回りこむようにあります
Cimg9339
復元町並の駐車場から橋を渡って朝倉館へ
Cimg9344
唐門
Cimg9349
左上が唐門右下が館の庭園周りの土塁がよく見えます
Cimg9361
館裏の高台にある湯殿跡庭園
Cimg9362
館の土塁や堀が山側は空堀になっています
Cimg9364
水堀から続いている様子もわかります
Cimg9365
中腹に土塁と他の御殿跡もいくつか見られます
Cimg9367
道沿いに戻り反対側が城下町の遺構と
Cimg9369
復元町並です スタンプはここの入口券売所にありました
Cimg9370
よくできています😃
Cimg9372
職人と武士が軒を連ねているのは珍しいそうです
Cimg9378
こちらが武士の家
Cimg9387
Cimg9389
本来であれば山城(詰城)まで行くところですが今回は家族旅行ですし時間もかかるので次回としました('◇')ゞ









| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

日本100名城 上田城

長野県 上田市 二の丸 「上田城

 日本100名城 (27

 各画像はクリックで拡大表示されます

 93/200 天正11年(1583年)真田正幸によって尼ヶ淵の断崖に築かれた 徳川との二度の戦いに勝利した城だが関ケ原後に破壊された 後に仙石秀久氏によって真田時代に近い城郭に構築された 

二の丸橋前の観光会館2階の事務所にスタンプが置いてあります ここには駐車場もあります
観光協会から道路を渡った「二の丸橋」から見る堀跡
Cimg9277
ここは鉄道が走っていたことがありプラットホーム跡が今も残っています
Cimg9331
橋を渡りまっすぐ進むと東虎口櫓門があります(逆光😖)
Cimg9316
外部にあった南と北の櫓を昭和期に再移築し櫓門は古写真などから復元されました
Cimg9317
城門右側の鏡石「真田石」
Cimg9281
内部から見た「北櫓」
Cimg9283
反対側の「西櫓」は現存の建物です
Cimg9292
柔らかい地層があるため石垣で崖を補強したと言われています
Cimg9293
「西櫓」 から「南櫓」へつづく 南側斜面
Cimg9296
「西虎口」
Cimg9287
冠木などを入れ込む切込みが石垣上部に残っています
Cimg9289
近くにある「煙硝蔵」 と
Cimg9288
真田神社奥にある「真田井戸」
外に通じているというのは迷信のようです
Cimg9320
崖下から見た「南櫓」
Cimg9298
「東虎口」側から見た「南櫓」
Cimg9314 

「北虎口」と
Cimg9307
近くの石垣に設置された「石樋」
Cimg9308
本丸の崖面以外の三方を囲む堀に「鬼門除けの隅欠」が見られます
Cimg9312
二の丸内には博物館もあります
広い公園のような遺構で手入れも行き届いていました

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

日本100名城 小諸城

長野県 小諸市 丁 「小諸城

 日本100名城 (28

 各画像はクリックで拡大表示されます

 92/200 天文12年(1593年)信玄の命を受けた軍師山本勘助が築いたとされる 武田氏滅亡後豊臣の仙石秀久により現状の城郭が整備された 城下町より低い珍しい城で「穴城」とも言われる 現在は本丸二の丸と三の丸の間に鉄道が通り懐古園と名付けた公園として城跡が残っている

駐車場からすぐの三の門近くの事務所入り口にスタンプが置いてあります
Cimg9180
門をくぐらず反対側のJR線路下をくぐり数分歩けば大手門です
10年ほど前に民間所有でなくなり元の状態に復元されました
Cimg9182
二階には天井がありますが 民間所有だったせいではなく元からあったそうです
Cimg9190
戻って三の門から二の丸へ
大きな石の石垣でびっくりしますが後世に積んだものだそうです
Cimg9198
南の丸方向
Cimg9205
黒門橋 本来は手前側に門がありました
Cimg9208
黒門橋から見えるかなり深い谷
Cimg9206
本丸横の樹齢400年のケヤキ
Cimg9209
風格のある野面積みの天守台
Cimg9214
石垣の上と下に桜があり春は花が見事なことでしょう
Cimg9221
本丸の石垣の上 天守へ向かう通路
Cimg9231
隅櫓への階段
Cimg9227
天然の要害 深い谷 水の手展望台方向を望む
Cimg9215
逆方向 橋を見ると深さがわかりますね
Cimg9218
本丸内にある懐古神社
Cimg9240
山本勘助が愛用したという「鏡石」
Cimg9238
よく手入れされた城址 動物園なども併設されています

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

続日本100名城 鮫ヶ尾城

新潟県 妙高市 宮内 「鮫ヶ尾城」

 続日本100名城 (133

 各画像はクリックで拡大表示されます

 91/200 16世紀後半に造られたが文献が少なく詳細は不明とされる 武田勢から春日山城を防衛する目的の支城とみられ多数の堀切と竪堀が造られている 謙信の死後の後継争い「御館の乱」で敗走した景虎が自害した城とされる

車の場合近くの神社の駐車場をお借りする情報がありましたが
現在は専用の駐車場があります
Cimg9073
Cimg9074
Pから斐太歴史の里総合案内所までは徒歩数分で着きます
スタンプは4~11月まではこちらになります
Cimg9075
とても気さくなおばちゃんがお茶や野菜・おしんこなどでもてなしてくれ
コースが書かれた地図を見ながら道順を説明してくれました
スタートしてすぐの池に釣り人が一人
Cimg9076
山の中へ
Cimg9077
すぐに斐太遺跡があり春にはカタクリの花の群生が見られるそうです
Cimg9079
肉眼ではくぼみがわかるんですけど...
Cimg9080
環濠と呼ばれる浅い堀のような遺跡
Cimg9081
登城コースへ戻ります😃
Cimg9085
いくつもの堀切(大堀切)があり番号が振られていました
Cimg9086
Cimg9091
山全体が堀切と曲輪を重ねていくような造りです
Cimg9092
三ノ丸付近
Cimg9097
急なところにはロープが張られていました
Cimg9101
いよいよ本丸 東屋が目印です
Cimg9105
東屋付近からの眺め
Cimg9107
Cimg9109
こちらからは案内所まで下っていきます
Cimg9114
高速道路のシェルターが見えれば間もなく一周終了です
Cimg9116
途中で熱中症と思われる方に遭いました
えずいていたので声を掛けたら 大丈夫と言ったので置いてきちゃったのですが💦
一応案内所のおばちゃんには報告

今年は特に湿度が高くて暑いので
みなさんも水を忘れずに体調にも注意してくださいね

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

続日本100名城 高田城

新潟県 上越市 本城町 「高田城」

 続日本100名城 (132

 各画像はクリックで拡大表示されます

 90/200 家康の六男忠輝は8歳で武蔵深谷に出ると転々とし19歳で越後福島を与えられ福島城に入った 高田藩が立藩となり23歳で高田城を築城したが翌年大坂夏の陣に遅参したため所領を没収された 藩主の入れ替わりが相次ぎ左遷先とみなされるようになったが8代将軍吉宗の時に播磨から移された榊原氏がその後藩主として存続するようになった 明治維新後火災や陸軍駐屯で遺構は一部のみ残っている

この時期外堀は蓮まつりが行われ賑わうようです
今年は7/20から8/25とのことです
西堀と西堀橋
Cimg9054
内堀もかなり広い!
Cimg9025
復元された木橋「極楽橋」が架かっています
Cimg9072
かなり忠実に再現したようです
Cimg9071
ここを渡ると本丸で土塁が見られます
Cimg9033
本丸跡の碑があり裏側は中学校になっています
Cimg9031

城内案内図 二の丸は主に公園 三の丸は図書館 テニスコート 陸上競技場などが造られています
Cimg9034
こちらも復元した天守の代わりの三重櫓です
スタンプはここの入場券売り場にあります
Cimg9037
窓から西側の内堀
Cimg9040
堀側からの三重櫓
Cimg9044
(天守)台が石垣ではないところが良いですね
Cimg9069
遺構らしきところはなかなか見つかりませんが
土塁や虎口があったであろう所は推測できる気がします
Cimg9065
「カクレ小口址」の字が刻まれていました
Cimg9064
二の丸柳門の土台石は博物館前に展示されています
Cimg9050
陸軍駐屯時の門跡
Cimg9057
Cimg9056
駐車場はたくさんあって迷ってしまいますが
極楽橋と道路を挟んで反対側が近いようです

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

日本100名城 春日山城

新潟県 上越市 中屋敷 「春日山城

 日本100名城 (32

 各画像はクリックで拡大表示されます

 89/200 南北朝時代に守護の上杉氏が詰城として築城したとされる 守護上杉氏の家臣長尾氏が実権を握るようになった 長尾氏も家臣黒田氏の謀反に会ったが残った末弟景虎(謙信)が兄に代わって雪辱を晴らし家督を継いだ 謙信は春日山城を本拠に戦国時代無敗の武将であった 妻子を持たなかった謙信が急逝し養子同士の争いがあり景勝が家督を継ぐ 豊臣政権下では五大老となったが後に国替えとなった 山城であった春日山城は福島城完成とともに廃城となったに

まずスタンプを受けるために「春日山城史跡広場ものがたり館」に向かいました
Cimg8970
模型や
Cimg8967
再現土塁
Cimg8962
下級武士の掘立小屋があります
掘って柱を立てるから掘立小屋というらしいです😵
Cimg8965
謙信公象の近くに若干駐車場がありますが体の不自由な方用ということで神社の駐車場か謙信公象に向かう少し手前のスペースに停めることになります
Cimg8971
ここが登城口で左右どちら回りでもよいそうです
登るとこのような屋敷跡が点在していました
Cimg8977
三ノ丸跡
Cimg8979
近くにある米蔵跡の周りに土塁が確認できます
Cimg8981
謙信を財政的に支えていたという青苧の解説
Cimg8982
二ノ丸跡
Cimg8984
本丸
Cimg8994
本丸からの景色 天気は良かったのですが遠くはガスってますね
Cimg8991
休憩所と護摩堂方面の景観
Cimg8996
本丸裏手の大井戸跡
Cimg8998 
謙信は毘沙門を深く信仰しました 毘沙門堂跡
Cimg9008
現在建てられている毘沙門堂
Cimg9009
空堀跡
Cimg9014
こちらは塹壕跡という表示があります
Cimg9019
謙信を祀る春日山神社
Cimg9020
思ったより高低差がなかったのですがここまで車で登っているのでそう感じるだけでしょう
左回りのほうが楽なようです

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

続日本100名城 鶴ケ岡城

山形県 鶴岡市 馬場町 「鶴ケ岡城」

 続日本100名城 (131

 各画像はクリックで拡大表示されます

 88/200 室町時代に武藤氏によって建てられた大宝寺城が原型 武藤氏の子孫が後に大宝寺氏と名乗り上杉と組んで庄内地方を治めた 家臣の裏切りにより大宝寺氏が滅んだ混乱は上杉家臣の本庄氏により制圧された 関ケ原後は最上氏が治めていたが失脚しその後酒井氏が幕末まで治めた 酒井氏は領民から慕われ現在本丸にある庄内神社に祀られている 庄内藩は奥羽越列藩同盟に加盟し戊辰戦争を戦った 

城郭は内堀と二の丸外堀が残りところどころ土塁が確認される遺構です
神社近くの駐車場はバスと身体の不自由な方用となっていて北東側にある役所の広い駐車場を利用するように案内がありました
城郭に入ってすぐの鳥居に二の丸大手門跡の表示がありました
Cimg8926
中心にある荘内神社は旧藩主酒井氏の初代忠次と二代三代九代が祀られています
Cimg8927
社務所にスタンプがありました 端っこにひっそり(笑)
南側の護国神社の手前が 本丸渡櫓跡
Cimg8928
護国神社の堀側約100メートルに 矢狭間・鉄砲狭間付き板塀を建設中です
Cimg8931
外堀側から見ると綺麗です
Cimg8934
ここは御金土蔵があったところです
Cimg8935
内堀からの本丸御角櫓跡
Cimg8944
 
二の丸西門跡
Cimg8940
遺構が一番残っているといわれる御城稲荷神社
Cimg8949
その近く 二の丸土塁跡
Cimg8942
立派な松が残る土塁
Cimg8952

Cimg8953

城郭は神社や資料館 公園として親しまれているようです
Cimg8941
古い建築物も多く
大宝館は大正時代に建てられた有形文化財
Cimg8932
旧西田川郡事務所
Cimg8936
旧鶴岡警察署庁舎
Cimg8937

長岡からの遠征だったのと雨模様だったので思ったように散策できなかったのですが落ち着いた街並みで良いところでした

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

続日本100名城 村上城

新潟県 村上市 二之町 「村上城」

 続日本100名城 (131

 各画像はクリックで拡大表示されます

 87/200 独立峰臥牛山に造られた平山城 16世紀初頭の築城とされ永禄11(1568年)上杉氏との交戦があった 城主が変わるが豊臣から徳川の初期にかけては石垣を巡らせた近世城郭へと変わっていった その後も城主は頻繁に変わったが享保5年(1720年)から約150年間は内藤氏となり明治を迎える 奥羽越列藩同盟に加盟し戊辰戦争を戦う

おしゃぎり会館(村上市郷土資料館)でスタンプとパンフレットをいただきました
村上大祭で曳き回される「おしゃぎり」 の展示
Cimg8877
登城口まではすぐですが駐車場(数十台)ができたので安心して車が置けます
駐車場にある案内板
Cimg8882
登城口 大手口七曲道
 一文字門跡 櫓門と多聞櫓による桝形があったとされます
Cimg8884
上がり切ったところが四つ御門跡の石垣です
Cimg8886

Cimg8888
入ってすぐ左手が三の丸(調練場跡)
Cimg8891
御鍾門跡 ヤマユリが見事です
Cimg8894
黒門跡を中心に修復中でした
Cimg8899
出櫓台は見事な算木積み
Cimg8900
石垣好きにはたまらない曲線と苔(笑)
Cimg8901
本丸を囲む石垣
Cimg8905
本丸虎口の冠木門跡
Cimg8907
本丸にある 碑と鳥居
Cimg8918

Cimg8911
本丸からの城下の眺め
Cimg8909
帰りは散策コースへ
Cimg8920
いくつかの腰曲輪や
Cimg8922
井戸の跡が見られます(中央千貫井戸)
Cimg8925
時間に余裕があれば竪堀などを見に行けたのですが
山形まで行きますのでここまでとしました
順次補修していただいているので感謝です
ユリが何種類かあるようですが持ち帰らないようにお願いします
最初の七曲道はなかなか厳しいので入口に置いてある杖を使うと良いと思います

| | コメント (0)

より以前の記事一覧