2019年4月12日 (金)

伏見城と聚楽第

京都府 京都市 伏見区 桃山町古城山
   
「伏見城」(伏見桃山城)

 秀吉が地震で崩壊した指月伏見城に代わって建てた城 関が原以降に家康が藤堂高虎に天下普請で改築させたとされる 現在の模擬天守は遊園地内の施設として建てたが現在京都市の管理となっている 耐震基準により内部へは入ることができない
 各画像はクリックで拡大表示されます
京都府 京都市 右京区   「聚楽第」

 聚楽城は秀吉が平安宮跡に建てた政庁兼邸宅で「聚楽第」と呼ばれる 完成から8年後「秀次事件」により破壊された
多くは「指月伏見城」に移築されたとされる 現在石碑のみある
 
「桃山御陵前駅」で降り「御香宮」へ向かいました
城門を移築したとされる入口の門
2cimg7191

2cimg7193

石垣石が無造作に転がっていました
2cimg7195

立派な神社です😃
2cimg7199

少し歩いて伏見城に向かいます
以前キャッスルランドという遊園地がって模擬天守を立てたらしいのですが
閉園になり京都市に譲ったそうです
2cimg7203
入口の門
Cimg7206

模擬天守はよくできているので撮影などによく使われたそうです
Cimg7207

Cimg7210

現在は桜の名所となっています
Cimg7211

Cimg7215

帰りは最寄りの「近鉄丹波橋駅」から二条城方面へ向かいました
二条城の前に「聚楽第」へ といっても石碑があるだけですが😖
Cimg7222
この左の看板の文言は時々変わるようです
 今回は... なぜ石碑が二つあるのか 
    という設問と回答がありました

もう一つがこれです
Cimg7224

要は東の堀と西の堀の目印

御所と二条城を行き来するための橋の一つ「横川第一橋」
石のアーチ橋は珍しいとのこと
Cimg7219
最近アスファルトをはがし石畳が復活したそうです
Cimg7221

時間があれば移築門を見に行ったのですが今回はパスです

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

松尾城

千葉県 山武市 松尾町  「松尾城」

 各画像はクリックで拡大表示されます

 松尾城は明治になり築城された五稜郭に代表される稜堡式の城 明治維新により徳川家の移封が駿河・遠江になったこと伴い諸藩が上総・安房へお国替えとなった 旧掛川藩の太田道灌の家系十六代資美(すけよし)によりに築城された 廃藩置県などにより間もなく廃城となった
 
JR総武線松尾駅近くの図書館奥にある松尾藩資料館へ ちょっと話しかけたら学芸員さんが丁寧に説明してくれました 当時の手紙が現代文にされてあり 国もとに要人の接待の依頼や子供の様子を心配する文面など生々しい内容を興味深く拝見しました
最近多くなった歴史の新事実などについて 細かい文書にまで手が回るようになってきたので発見があるとのこと 納得です
時間の関係もあり車で回ることに
まず教習所の中にある石碑「松尾藩公庁跡」ですが教習中は立ち入り不可なので外から
公務の中心地ということですね
Cimg7096

教習所の周りに残る「土塁」(右側が教習コース)
Cimg7100
次に居住区であった松尾中学校へ
職員さんに撮影許可をいただきました 怪しいおじさんなので
城跡の碑「太田城跡」とありますね いろいろ考えて最終的に掛川城内の郭の名称から松尾になったのですが...名前で呼ばれていたのでしょうか
Cimg7103

校舎側からの眺めは抜群ですね 下に町が見えます
昔は九十九里浜まで見渡せたのでしょうね
Cimg7109
ここには古墳があったことが昔から確認されていたようです
学校南側の「胸壁」は45度の急勾配でこの奥にかけて「汐見坂」となります
景色がよく海が見えたので江戸城の汐見坂からとったとのことです
Cimg7118_2

Cimg7113

気になったのががフェンス越しに見える お地蔵様?
Cimg7127_2

汐見坂途中の祠 裏は中学の裏手で断崖絶壁でした
Cimg7122

移築された「御住居(おすまい)表門」は街道から見えるところにあります
Cimg7135

「稜堡式」の城をめぐるチャレンジでアリバイ的に行ったつもりでしたが
太田道灌・掛川城・京極高次などとかかわりがあったり成り立ちなどが興味深くうかがえたので来てよかったと思いました
また 近くにある大堤権現塚古墳は見ごたえがありお勧めです
Cimg7150

Cimg7147

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

滝の城

埼玉県 所沢市 大字城  「滝の城」

 各画像はクリックで拡大表示されます

 滝の城(たきのじょう)は15世紀後半扇谷上杉氏のもと太田道灌が築城したのではといわれる 北条氏の進出により河越夜戦で滅ぼされ氏康の次男氏照が入った 北条氏の兵の駐留地などつなぎの城として活用されたが秀吉の小田原攻めの際に長政勢により落城となった
 
模型とパンフレットがあるとの情報で「生涯学習推進センター3階」へ伺いました
現地とは6kmほど離れています
Cimg6998

パンフレットはA4両面刷りコピーでした
模型は「滝の城跡保存会」が製作とありよくできていました
Cimg6995

現地の駐車場は関越道脇の狭い道を入るためわかり難くかったです
「滝の城址公園」という公園になっていてスポーツ施設用の駐車場が別にありこちらは入りやすいようですが使っていいものやら?
滝の城の名のもとになった?滝への水路跡
Cimg7012

「搦め手口」となる付近の階段
Cimg7016

すぐに神社入り口があるがこちらへ行くとすぐ「本郭」なので迂回しました
Cimg7020_2

「霧吹きの井戸」と言われる跡
Cimg7018

こちらは「血の出る松」跡
落城の時に松の幹から血のような樹液が出たという言い伝えがあるそうな
現在松はなく石碑のみ ちなみにこの上に「物見櫓」があったとされます
Cimg7021

道を登ると遺構の入口表示と簡単な縄張り図がありました
Cimg7026

のぼりと「二段掘」
Cimg7027

「中堀」跡 奥にある建物は「二の郭」に建つ「神社の管理棟」
Cimg7030
「中堀」は折れがあり「三の郭」の方向へ続いています
Cimg7034
先に「地鎮的儀礼跡」があったとされる「二の郭」
Cimg7035
管理棟前に掲示板がありこちらにも若干違うパンフレットがありました
模型を見なくてもよければセンターに行かなくても大丈夫ですね
今は埋め戻してしまった「障子掘」などの発掘調査の写真がありました
Cimg7040

Cimg7041

「内堀」
Cimg7045

「本郭」にある石碑と「城山神社」
Cimg7047

Cimg7049

社殿裏にある「四脚門跡」
Cimg7054

「本丸虎口」の「馬出し」側からみる「と四脚門跡」へ向かって現状は土橋が続いているように見えますが 堀に木橋だったと言われています
Cimg7060

上の写真の反対側の「馬出し」
Cimg7059

「三の郭」大井戸跡がありました
この下南東側に「東郭」の表示がありましたが詳細不明でした
Cimg7063

三の郭(右側)と中堀を挟んだ土塁(左側)上に櫓跡があります
Cimg7074
整備中なのか近隣への配慮か通行禁止の部分が多々ありました
馬出裏手の土塁 中央石碑は物見櫓跡の表示(この先は通行止め)
Cimg7075
「本郭」からの景色 真下に運動場 高架は武蔵野線
東川と柳瀬川の合流点に築かれこちら南側は 高さ約 25 mの急崖となっています
Cimg7091
興味のある方はこちら(PDF)をご覧ください
「滝の城跡現地説明会」資料(平成29年度)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

清州城と日本どまんなかお城スタンプラリー

愛知県 清州市 朝日城屋敷  「清州城」

 各画像はクリックで拡大表示されます

 室町時代に築かれ戦国期には城主が入れ替わり信長が入城する 亡き後城郭が整えられるが1610年「清須越し」という名古屋城への移管により廃城となる 城跡は東海道線建設の際に分断され遺構も土塁と石垣だけが一部残るのみ 日本100名城及び続日本100名城には選出されていない
信長を祀った社
Cimg4464

信長と寄り添うように建つ濃姫像(城脇から移設)はパワースポットと言われています
Cimg4495
「清州城」は「清須」とも書きますが時代や使われ方により併用されています
Cimg4469

大手門の両側の壁は桶狭間の戦いの戦勝御礼に熱田神宮に奉納した「信長壁」を模したもの
Cimg4477

個人的感想でしかありませんが模擬天守とはいえクールな信長らしい佇まいです
Cimg4478

信長像
Cimg4483

こういう展示 好きです(笑)
Cimg4485

天守最上階から名古屋城を見ることができました
Cimg4490

護岸工事で発見された石垣の一部を復元展示
Cimg4470

8月に訪れた高島城で偶然目にした「日本どまんなかお城スタンプラリー」の缶バッチプレゼントにつられて(笑) 11月25日の締め切りまでに11城を回ることができました
Dsc_4415

Dsc_4410

Dsc_4412

Dsc_4413

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

釧路川流域チャシ跡群

釧路川流域にもチャシ跡群があり二つ案内してもらいました
「モシリヤチャシ跡」
Cimg4109

お供え餅のようだと近隣から親しまれているらしい
Cimg4108

大きく二つに分かれています 主郭
Cimg4107

少し低い副郭 背景から市街地であることがわかるかと思います
Cimg4101
登り道
Cimg4096

防空壕に使われたり 子供たちの芝滑りに使われたりしてきましたが
今は安全上の配慮から網で柵がしてあり鍵がかかっています
でもお願いすればいつでも開けてくれるそうです
Cimg4105

「ハルトルチャランケチャシ跡」
Cimg4120

チャシの前の湖は区分上 川となるそうです
Cimg4127

草が茂って分かりにくいのですが濠が巡っています
Cimg4128

神聖な場所だったという言い伝えもあるチャシです

Cimg4132

側面から見ると小高くなっているのがわかります
Cimg4119

反対岸から見る
Cimg4115

市街地では少し高い場所には見張りをするようなチャシがいくつか存在していました
文字を持たないアイヌの出来事は伝承と和人の記録にあるものだけは伺い知ることができます

| | コメント (0) | トラックバック (0)