2018年11月15日 (木)

釧路川流域チャシ跡群

釧路川流域にもチャシ跡群があり二つ案内してもらいました
「モシリヤチャシ跡」
Cimg4109

お供え餅のようだと近隣から親しまれているらしい
Cimg4108

大きく二つに分かれています 主郭
Cimg4107

少し低い副郭 背景から市街地であることがわかるかと思います
Cimg4101
登り道
Cimg4096

防空壕に使われたり 子供たちの芝滑りに使われたりしてきましたが
今は安全上の配慮から網で柵がしてあり鍵がかかっています
でもお願いすればいつでも開けてくれるそうです
Cimg4105

「ハルトルチャランケチャシ跡」
Cimg4120

チャシの前の湖は区分上 川となるそうです
Cimg4127

草が茂って分かりにくいのですが濠が巡っています
Cimg4128

神聖な場所だったという言い伝えもあるチャシです

Cimg4132

側面から見ると小高くなっているのがわかります
Cimg4119

反対岸から見る
Cimg4115

市街地では少し高い場所には見張りをするようなチャシがいくつか存在していました
文字を持たないアイヌの出来事は伝承と和人の記録にあるものだけは伺い知ることができます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

続日本100名城 品川台場

東京都 港区 台場 「品川台場」

 続日本100名城 (124
danger 各画像はクリックで拡大表示されます

happy01 13/200 黒船来航に驚愕した幕府が江戸湾の海岸に設けた大砲を設置する陣地 砲台は12基の計画のうち6基が造られたが使われることなく開国となった

最近は「お台場」として観光スポットになっている地域ですが
大正時代にはすでに史跡となっています
Dsc_3753

公園として整備された第3台場と第6台場が原形をとどめています
第3台場入り口付近
Cimg7756

土塁が確認できます
Cimg7757

土塁で囲まれた中は周囲に通路がありますが内部は平たんに整地されています
Dsc_3744

土台の石が残る陣屋跡
Dsc_3746

火薬庫跡の表示がありましたが草が多く確認できませんでした
明治以降の遺物もあるようなので。。。ちょっとワンダージャパン状態coldsweats01
Dsc_3748

Dsc_3760

砲台は本来の場所ではないとのことですが土塁の上に設置されています
Dsc_3751

お台場海浜公園側から見た第3台場(手前) 左奥が第6台場
Cimg7753

レインボーブリッジを歩き全体を確認sign03

第3台場
Dsc_3772

奥が鳥の島
Dsc_3773

第6台場
Dsc_3784

こちらは上陸することができないのでカワウの繁殖地になっているそうです
Cimg7770

他の台場は市街地などに変わってしまい面影はほとんど見ることができません

Dsc_3787

いつもと違う景色で面白かったですこんなことがないとレインボーブリッジ歩いて渡りませんからねhappy02

もともと江戸城近くまで海があってどんどん埋め立てていたんですが
この二つの台場は海岸から5~6kmのところだったのでその後ここまで全部埋めたことになりますね

「東京花火大祭~EDOMODE~」は今夜です
なんとPerfumeの曲がコラボするらしいです 楽しみですheart04

スタンプは通常海浜公園マリンハウスですがイベント期間中は船着き場にある公園管理事務所(2F)だそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

ゴジラは復活していた1

ガンダム像に熱狂する方々を羨ましく思っていましたが
 我々の世代のヒーローはゴジラ、モスラでした
昭和29年(1954年)に誕生したゴジラは4年後
 神奈川県横須賀市の観音崎の浜辺に像が立ったそうです
 滑り台つきというフレンドリーな形で。。。。
これが残っていたら文句なしのワンダーJAPANだったのですが
 1973年老朽化で危険ということで取り壊されました
 1999年多くの方の努力で 立派になって再生していました

Ca330384
場所は横須賀市久里浜にある「くりはま花の国」
Ca330386
ちょうど送電線の近くに立っているので
 映画のワンシーンのようです
Ca330388
初代から受け継いだ滑り台もあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

円筒分水

最近、出不精になってしまったcoldsweats01

ワンダージャパンに興味を持った娘が代行?で写真を撮ってきてくれたのでUPします。
Img_3662
円筒分水は文字通り水を分ける装置です。
????ですよね。では受け売りの解説ですcoldsweats01
日本は昔から水争いがあり、その権利をめぐる戦いは激しかったようです。
Img_3659
そこで、この装置であらかじめ決められた分岐数及び量を制御しているそうです。
見た目にもどの様に分配されているかわかるというところも重要です(情報公開ですね)
大正時代からということで歴史は短いですが、日本人らしい和をもって貴しとなす知恵ですよね。
Img_3655

今は住宅地の中ですけど、まあるいだけに優しい風景に見えます。
Img_3654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

東伏見

子供のころから近くに住んでいたがいったことがないところのひとつ。。東伏見

 関東にも京都の伏見稲荷大神をおまつりしようと、本社にお願いして東京の守り神として、昭和4年に ここに来ていただいたそうですが、規模は比較にならないほどこぢんまりしています。
Ca330311

 東伏見という地名は、神社ができてからついた地名で、それにあわせて西武新宿線の駅名も上保谷から東伏見に変わったそうです。今は保谷の名前がなくなり、田無市と合併して西東京市という面白くない名前に変わってしまいました。西じゃなくほぼ真ん中だしcoldsweats01
Ca330302

 神社といえば朱の色、地味な日本の風景の中ではひときわ異様に感じるのですが、朱の原材料(=丹というらしい)は水銀が含まれ防腐剤の役割もしているそうです。


 そしてお稲荷さんといえばキツネ、ごんぎつね以外のお話ではあまりいい役で出てこないようですが、農家の鶏などを狙うせいですかねdespair
 ただ、野山にいるキツネとは違って神様のお使いとして目に見えない存在だとか。。。意味がいまいちわかりませんけど。。。悪者とは一線を画してるってことcoldsweats02 ちょっと怖そうな顔していますけどね

Ca330304

 もう一つ目を引くのは「お塚」と呼ばれるものだと思うのですが、信奉者がおまつりし奉納するもののようです。京都に比べると狭い境内ですが、多くのお塚と鳥居が奉納されていました。この赤い色もちょっとぞっとしてしまうのは私だけでしょうかcoldsweats01
Ca330300

Ca330303

Ca330301_2
西武新宿線「西武柳沢駅」または「東伏見駅」から 徒歩7分
※今回の画像は携帯なので荒くてすみません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

東京湾散歩4

海ほたるは Uターンも可能ですが、千葉方面へ向かい
 ワンダーJAPAN系のスポット 東京湾観音へ
Cimg3980
牛久大仏の120mには敵いませんが56mあります。
 海辺に建つ姿は颯爽としています。
Cimg3982
昭和36年に、宇佐美政衛という方が世界平和の理念の元、私財を投じて建立したそうです。素晴らしい方(夫妻)ですね。
東京湾観音の原型の作者は、国際グランプリを受賞した彫刻家の長谷川昴(こう)氏で、観音様の胎内にも長谷川氏の作品が多数あります。
Cimg3987

木彫りは見た目にもやさしくぬくもりのある神様方20体以上を拝することができます。
Cimg3992
比較的広いらせん階段は、疲れることなく上りきることができました。パワースポットなのかも。。。
上部に数カ所ある展望スペースから見える海辺の景色も美しい!
Cimg4010

ここが最上階 20階 何かいいことありそう。。。
Cimg4019
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

根岸競馬場

ワンダーJAPANの読者である話はしたと思いますが。。。
なかなか現場?へ行く機会がありません
そうこうしていたら興味を持った娘が友人と根岸競馬場に行ってきました
Img_0755_2
第二次世界大戦がはじまったころまで競馬場だったところです
 話は長くなるので興味をもたれた方はWikiでもご覧ください
Img_0750
近隣は公園などに整備されてはいるものの
 保存計画も解体計画も示されないまま今日に至っています
 廃墟跡マニアには有名どころのようです
Img_0756
アメリカ人建築家によって建てられたということで
 異文化の香り豊かであると同時に廃墟独特の哀愁感がありますね
Img_0747

偶然現れた飛行船が異空間感を盛り上げてくれました
Img_0737

やっぱり馬が似合う?
Img_0720_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

ワンダー四国 番外編2

龍馬資料館に行ったとき
 資料館から見える山にお城を発見
Img_0970
時間がなくて残念ながら近くへ行きませんでしたが、
何度か紹介しているワンダーJAPANに
 載っていたお城ではないかなぁ? 
Cimg2878
家に帰って確認してみると 本に小さく載っていました
 シャトー三宝
Cimg2884

ここは「三宝山スカイレスト」の郷土資料館跡で、建築後30年ほど経つらしいです。
経営不振で遊園地やレストランが閉鎖され取壊しになるところ、住民の要望によって取壊しは免れたものの、付近は閉鎖中とのことです。近くに観光名所も多いらしいので、うまく復活できたらいいですね。ワンダーJAPANじゃなくなっちゃいますけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

ワンダー茨城~牛久大仏~

雑誌 ワンダーJAPAN は 最近おきにいり
 自分でもいろいろな 珍しい風景をじかに見ていきたいと思っています

今回はあみアウトレットを訪ねたおり
 近くの牛久大仏へいきました。。。っていうかもう見えてますがcoldsweats01
Cimg3265
とにかく大きい
 奈良の大仏が 15m
 自由の女神が 40m
 牛久大仏は台座を含めると120mもあります
Img_1271
どう撮ったら 大きさをわかってもらえるでしょうか
 例えばこれは足の親指の実物大模型ですcoldsweats02
Cimg3294

実際に自分の目で見ると とてつもなく大きく感じます
Cimg3314
胎内に入ることもできます
 エレベータで胸のあたりにある展望室へ
 ここからは遠くまで景色が広がります
Cimg3298
胎内には写経をするスペースや
 個人が胎内仏を安置するスペースなどがありました
 とにかく一見の価値ありですねhappy01
Cimg3277

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

ワンダー四国 番外編

高知の名産というか ご当地もの
 旅行直前にTVのケンミンショーで紹介されていたものを買ってきました
Cimg2900
① ぼうしパン
  ほぼメロンパンという感じで、その外側の皮がのびて帽子のひさし部分になっています。
② ごっくん馬路村
  名産ゆずを使った飲み物、ちょうどよい濃度でとてものみやすいです。まさにごっくん!
③ 宇宙を旅したヨーグルト
  ソユーズロケットに乗って宇宙旅行をしてきた乳酸菌で発酵させたヨーグルト。まろやか~=地球は丸かったcoldsweats01
④ 芋けんぴ
  芋けんぴはオーソッドックスなもののほか、ゴマや青のりをまぶしたものやイチゴ味などもあります。今回は塩を利かした塩けんぴを購入しました。さっくりして塩で甘さにいい感じでコクがでてました。
⑤ リープル
  高知県ではダントツの乳酸菌飲料、ケンミンショーではよくあるパターンですが、他県で売られてないことを知った県民が驚いていました。さわやかな甘すぎない飲料です。
⑥ 妖怪茶
  これだけは徳島県の物です。happy02 ラベルに妖怪をあしらったペットボトル茶「山城大歩危妖怪茶」は、妖怪伝説で町おこしをする徳島県三好市山城町の山城茶業組合が造ったものです。これはふつ~におちゃです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)